不良のバイブル、1985年の『ビー・バップ・ハイスクール』出演者のその後 … – Business Journal

Home » 11パブリック・マネジメント » 不良のバイブル、1985年の『ビー・バップ・ハイスクール』出演者のその後 … – Business Journal
11パブリック・マネジメント, BOP コメントはまだありません



 BJ読者の皆さまはいま何歳ですか、そして皆さまにとって「懐かしい」とはどんな情景でしょうか。1970~90年代、家庭の茶の間から学校の放課後。人それぞれ「懐かしい」は無数に存在すると思います。そんな膨大な「懐かしい」が集まるサイトがミドルエッジ。私たちの記憶をくすぐる「懐かしい」が圧倒的なボリュームで揃っています。

 そして数ある「懐かしい」の中から厳選した記事をお届けするのがこの連載。
 忙しい日常にちょっと一息、缶コーヒーでも飲むような気持でご覧になっていただけましたら幸いです。

 さて、今回は映画『ビー・バップ・ハイスクール(BE-BOP-HIGHSCHOOL)』出演者の今にスポットライトを当ててみました。長ラン、短ラン、ボンタン、ドカン。ツッパリ全盛期だったあの時代にビー・バップの真似をした読者の方も多いのではないでしょうか。

<

pre class=”entryImgCenter”>bebop01.jpg

『ビー・バップ・ハイスクール』DVDジャケットより

『ビー・バップ・ハイスクール』は、きうちかずひろ氏が1983年から2003年まで週刊ヤングマガジン(講談社)で連載した不良学生青春漫画。原作の内容はツッパリ不良の高校生、留年問題児コンビのトオルとヒロシが喧嘩や恋に明け暮れる姿を描いています。この漫画が人気になったのは主人公が超人的に強いと描かれることなく(強いことは強いですが)、「等身大」の不良高校生の日常風景をリアルに伝えた点でした。

 原作人気に乗じて1985年に公開された映画『ビー・バップ・ハイスクール』は、ギャグとアクション満載の痛快青春映画として大ヒット、88年までに通算6作も制作される人気シリーズとなりました。

 さまざまな俳優やアイドル、その他諸々、大勢の個性的な面々が映画『ビー・バップ・ハイスクール』には出演していました。その後、大出世を遂げた人もいれば、お目にかかれなくなった人もいます。キャラクターごとに当時から現在にかけて演じられた方々のその後を追ってみます!

●まずは、主人公のひとり「中間徹/仲村トオル」。
 私立愛徳高等学校の2年生、短気だけれど硬派で卑怯なケンカは大嫌い。中学時代のあだ名は「狂犬病」。名前のモデルは原作者きうちかずひろ氏のアシスタントと言われています。

 トオルを演じたのは、この映画のオーディションで主役を任される事になった仲村トオル。この役を任された理由のひとつとして主人公に名前が似ていたという話は有名ですね。『ビー・バップ』出演後は『あぶない刑事』で演じたトオル(町田透役)も有名で、その後も俳優として幅広く活動しています。奥さんは「鉄骨娘」のCMで一世風靡した女優の鷲尾いさ子です。

<

pre class=”entryImgCenter”>bebop02.jpg

仲村トオル出演『あぶない刑事』DVDジャケットより

●そしてもうひとりの主人公「加藤浩志/清水宏次朗」。
 私立愛徳高等学校2年生でトオルとはクラスメイト。スケベで軟派、ひょうきんと相棒のトオルとは正反対。ケンカの強さはトオルと互角ですが手段を選ばない所があります。口達者ですが、その口が災いしてトラブルメーカーとなることも。中学時代のあだ名は「火の玉」。ヒロシの誕生日9月14日は、実は原作者きうちかずひろ氏と一緒です。

 ヒロシ役の清水宏次朗は『ビー・バップ・ハイスクール』主演オーディションの時、てっきり先生役だと思い込んでいたというのは有名な話。彼はもともと竹の子族として原宿で踊っていたところをスカウトされ、竹宏治の芸名で歌手活動を行っていました。シリーズ終了後はVシネマ出演や飲食業を営んでいましたが、最近では病気療養で休養状態とのうわさ。早期復帰を望みます。

<

pre class=”entryImgCenter”>bebop03.jpg

清水宏次朗主演『関東極道連合会 第三章』DVDジャケットより

●脇を固めるヒロインは、私立愛徳高校のマドンナ「泉今日子/中山美穂」。
 トオルとヒロシのクラスメイトで暴力が大嫌い、でも何故か2人の事は気にかけてしまいます。連載当初はトオルとヒロシが今日子を奪い合う図式だったのですが、今日子本人はどちらかを選ぶ事ができず、悩んだ末に2人とも選ばないという結末に。モデルは、もちろん歌手の小泉今日子です。

 今日子を演じたミポリンこと中山美穂は、ドラマ『毎度おさわがせします』のツッパリ少女のどか役で女優デビューし、体当たりの演技で注目を浴びることになりました。ドラマ終了後、アイドル歌手としてもデビュー、映画初出演作となったのがこの『ビー・バップ』でした。その後、歌手としてだけではなく女優としても活躍し、『ママはアイドル』『君の瞳に恋してる!』など大ヒットを重ねて地位を確立します。一方、私生活では辻仁成と結婚も14年に離婚。一時は海外で休業状態だった女優業も、17年にはドラマ『貴族探偵』でメイドの「田中」役として元気な姿を見せています。

<

pre class=”entryImgCenter”>bebop04.jpg



中山美穂主演『君の瞳に恋してる!』DVDジャケットより

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す