ホンダ、ニューヨークオートショーに「クラリティPHEV」と「同EV」を出展し3電動車を揃える – MOTOR CARS

Home » 10環境 » ホンダ、ニューヨークオートショーに「クラリティPHEV」と「同EV」を出展し3電動車を揃える – MOTOR CARS
10環境, ゼロ・エミッション コメントはまだありません



本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)傘下のアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス、社長:神子柴 寿昭)は、まもなく開催の運びとなるニューヨークオートショーで、3タイプの異なる動力源を備えた「CLARITY」を公開する。

具体的には、来る4月開催の2017年ニューヨークオートショー(プレスデー:4月12日〜13日、一般公開日:4月14日〜23日)で、既存の燃料電池車である「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」とは異なる「CLARITY PLUG-IN HYBRID(クラリティ プラグイン ハイブリッド)」と、「CLARITY ELECTRIC(クラリティ エレクトリック)」の3台が世界初披露となる。

このクラリティ プラグイン ハイブリッドと、クラリティ エレクトリックは、2016年3月に日本で発表した「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」と共通のプラットフォームを使用したプラグインハイブリッド車(PHEV)と、電気自動車(EV)だ。

いずれも共に2017年に米国に於ける発売を予定しており、世界で初めて同一プラットフォームにPHEV、EV、そして燃料電池自動車(FCV)という3種類の電動パワートレインの選択肢を取り揃え、5人乗りの広く上質な室内空間を誇るミドルサイズクラスセダン「CLARITY」にさらなる価値を提供していく構えだ。

この「CLARITY(クラリティ)」シリーズにより、ホンダが2030年に向けて掲げる「四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2をPHEVとハイブリッド。及びFCV・バッテリーEVなどのゼロエミッションビークルに置き換える」という目標達成に向けて電動化を推進していくと云う。

また、ホンダブースでは2017年3月にジュネーブモーターショーに於いて世界初公開された「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」の量産モデルや、同年1月に北米国際自動車ショーで公開された北米向けミニバンの新型「ODYSSEY(オデッセイ)」などが展示される見込みだ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す