ルノー・日産とトランスデブ社が無人運転の公共交通機関を共同開発! – clicccar.com(クリッカー)

Home » 10環境 » ルノー・日産とトランスデブ社が無人運転の公共交通機関を共同開発! – clicccar.com(クリッカー)
10環境, ゼロ・エミッション コメントはまだありません



電気自動車をリードするルノー・日産アライアンスは、欧州最大の公共交通機関コンサルティング企業「トランスデブ社」と、無人運転車を利用した公共交通やオンデマンド型モビリティに関して共同開発することを発表しました。

電気自動車に加え、自動運転にも注力している同アライアンス。日産が掲げる『ゼロ・エミッション(排出ガスのない)、ゼロ・フェイタリティ(事故のない)社会』という目標に向けたテクノロジーの開発ともいえます。

このトランスデブ社との提携は、まさに電気自動車や自動運転車の開発などで得た知見を共有するもので、先進的かつ環境に優しい無人モビリティシステムの誕生が期待できるものです。

なお、共同開発の第一段階としては、欧州で最も売れている電気自動車ルノーZOE(ゾエ)を持ちいたパリでの実証実験などを行なう予定とアナウンスされています。

(山本晋也)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す