クアルコム、セルラーV2Xチップセットを発表 – EE Times Japan – EE Times Japan

Home » 09情報技術(IT) » クアルコム、セルラーV2Xチップセットを発表 – EE Times Japan – EE Times Japan
09情報技術(IT), ITS コメントはまだありません




2018年後半に商用サンプル品の供給を開始

 Qualcomm Technologies(クアルコム)は2017年9月、3GPP Release 14仕様の「PC-5」に基づいた直接通信に対応するセルラーV2X(C-V2X/Cellular Vehicle-to-Everything)向けのチップセット「Qualcomm 9150 C-V2Xチップセット(以下、Qualcomm 9150)」を発表した。2018年後半にも商用サンプル品の供給を開始する予定である。レファレンスデザインとして、「Qualcomm C-V2X Reference Design」も用意した。

 セルラーV2Xは、直接通信とネットワーク通信の2つの送信モードに対応している。直接通信は、5.9GHz帯のITS(高度道路交通システム:Intelligent Transport Systems)バンドを用いて低遅延の通信を行う。これによって、通信事業者とセルラー契約していない場合でも、V2V(Vehicle-to-Vehicle)、V2I(Vehicle-to-Infrastructure)、V2P(Vehicle-to-Pedestrian)などの通信を行うことができる。

5.9GHzのITSバンドを用いた直接通信の事例 出典:クアルコム

 ネットワーク通信は、直接通信を補完するためのもので、V2N(Vehicle-to-Network)に4G(第4世代移動通信)や5G(第5世代移動通信)といった移動通信システムを活用する。この機能によって、テレマティクスやインフォテインメント、安全運転に関連する機能などが利用可能となる。

 クアルコムは、V2Xを実現するために、IEEE 802.11pに基づくIC製品や関連のチップセットなどを用意してきた。今回発表したセルラーV2Xチップセットを用いることによって、通信の範囲や信頼性など、通信能力をさらに向上することができるという。また、5G NR(New Radio)を活用したセルラーV2Xへの対応なども進めている。

 今回はセルラーV2Xレファレンスデザインも同時に発表した。これには、GNSS(全球測位衛星システム)を統合したQualcomm 9150や、ITSスタックを実行するためのアプリケーションプロセッサ、ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)などが含まれている。セルラーV2Xの早期実用化を支援していく。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す