【EC向けサービス事例】第115回 Dai「BカートASP」/導入サイト 「ヨロスト」/割引き設定も容易に 作業コスト大幅削減 – 日本流通産業新聞

Home » 09情報技術(IT) » 【EC向けサービス事例】第115回 Dai「BカートASP」/導入サイト 「ヨロスト」/割引き設定も容易に 作業コスト大幅削減 – 日本流通産業新聞
09情報技術(IT), ASP コメントはまだありません



ECサイトでは自動車整備に必要な部品など約5000品目をそろえる
 ヨロスト(本社大阪府、田中直哉社長)は、中古車販売店や自動車整備工場向けのカタログ通販とECを手掛けている。

 08年9月に設立。事業開始当初は、カタログからの電話注文などが主体で、ECによる受注は目立たなかったが、ここ数年はEC比率が高まっているという。

 ECサイトでは、自動車整備に必要な部品など約5000品目を取りそろえる。国内のほか、海外からも積極的に仕入れている。類似したECサイトも存在するが、ワイパーやオイルフィルターといった消耗品のラインアップを充実させて差別化を図っている。

 顧客の6割は、自動車整備工場。残りはトラックなどの運送会社が占める。最近では、運送会社向けの販売にも力を注いでいる。

 ECサイトの新規顧客の開拓においては、リスティング広告に加え、SEOを強化している。カタログ通販の顧客開拓は、主にFAXDMによって行っている。レスポンスがあった企業に対して300~400品目を掲載した通販カタログ(月間2万部発行)を送付している。アナログで獲得した顧客のほうがライフタイムバリュー(LTV)が高い傾向にあるという。そのため現在も電話注文に対応し続けている。売り上げ構成比はECが4割となっている。

 

 16年8月に「Bカート」を導入

 以前使用していたASPカートでは、カスタマイズごとに改修費用がかさみ、コスト面が課題となっていた。また、機能がBtoBに特化しておらず、ユーザビリティーにも満足できなかったという。

 さまざまな企業のASPカートを比較検討した結果、BtoB向けに特化している点と、機能性の高さが決め手となり、16年8月にDaiが提供する「BカートASP」を採用することにした。

(続きは、「日本ネット経済新聞」2月16日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す