5GAA:C-V2X の社会経済的利益は2035年までに430億ユーロに達 … – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

Home » 09情報技術(IT) » 5GAA:C-V2X の社会経済的利益は2035年までに430億ユーロに達 … – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
09情報技術(IT), ITS コメントはまだありません



5GAA:C-V2X の社会経済的利益は2035年までに430億ユーロに達すると独自調査

AsiaNet 71411(1981)

【ブリュッセル2017年12月6日PR Newswire=共同通信JBN】5G Automotive Association (5GAA、5Gオートモーティブ・アソシエーション)は6日、独立系のテレコム(電気通信)、メディアおよび技術コンサルタントのAnalysys Masonが自動車コンサルタント会社SBD Automotiveと共同で作成した報告書を発表した。報告書は、vehicle-to-everything(V2X)通信を提供するための cellular vehicle to everything(C-V2X)技術のメリットを分析、評価している。欧州における同ソリューションのメリットに焦点を当てたこの報告は、定性的証拠を使用して、C-V2Xの導入、展開に関連してコンサルタントが実施した定量的な費用対効果分析を記述している。

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/615724/5G_Automotive_Association.jpg

報告書の発表は、欧州委員会が協調型高度道路交通システム(C-ITS、cooperative intelligent transport systems)の展開に関するパブリックコンサルテーションを現在実施している欧州連合(EU)におけるV2Xの政策展開と5.9GHz帯域の利用と時を同じくしている。

報告書は、C-ITSシステムの展開がEUレベルでは有益であると結論づけている。欧州で生じる可能性のある純利益は、4つのモデルシナリオ全体で2035年には200億ユーロから430億ユーロ(道路安全性と交通効率の向上による最大の利益を伴う場合)の範囲になると推定されている。

この報告でのシナリオモデルのうち最も好ましいシナリオ(純利益が430億ユーロ)の場合、C-V2Xの急速な普及と経済規模拡大の可能性は最大化され、C-V2XとWi-Fi標準IEEE 802.11pの両方とも5.9GHzスペクトル帯域内で共存することが可能である。このようなメリットは、IEEE 802.11pの使用がC-ITSサービスに義務付けられているシナリオでは生じず、期待された純利益の半分以下(200億ユーロ)にとどまるだろう。

この調査はまた、欧州市場へのC-V2Xのメリットがその展開の柔軟性にあることを示唆。短距離および広域双方のアプリケーションのカバーを提供する能力と、将来の5G への進化の確実性があり、より早期の展開やアフターマーケット展開(例えば、スマートフォンやC-V2X接続性を備えた他のアフターマーケット機器を介して車両に提供されるV2Xサービス)を容易にする可能性がある。

インフラストラクチャー導入コストの削減は、既存のモバイル・インフラストラクチャーの再利用の可能性があることから、C-V2Xのもう一つの重要なメリットであり、新たに独立して運用される道路サイドインフラを構築するのではなく、セルラー技術の統合と規模の経済を活用する。

5GAAのクリストフ・ボイクト会長は「C-V2Xは、協調型高度道路交通システム(C-ITS)の展開にとって基本的なものとなろう。この報告書が明確に示しているメリットは、この技術が運転走行や道路の安全性を大幅に向上させることになるということである。報告はまた、欧州委員会は技術的に中立的なアプローチを取るべきであり、Wi-Fi 標準IEEE 802.11pの使用を義務付けることによりこうしたメリットを制限すべきでないということを浮き彫りにしている」とコメントした。

C-V2Xに関する社会経済的メリットの調査は次を参照:http://5gaa.org/wp-content/uploads/2017/12/Final-report-for-5GAA-on-cellular-V2X-socio-economic-benefits-051217_FINAL.pdf

これとは別に、5GAAは、EUにおける自動車事故による死亡や重傷を減らすために、短距離のad hoc/direct通信のためのLTE-V2X (PC-5) および IEEE 802.11p技術の定量分析を実施した調査を発表した。この報告の基礎をなすモデリングは、技術およびポリシーのコンサルタント会社Ricardoによりピアレビューされ、検証された。この調査で、LTE-V2X (PC5)は、EUの道路上で死亡および重傷事故を減少させるうえで802.11pより性能が上回ることが明らかにされた。EUにおける道路安全性向上のためのLTE-V2X (PC5) および 802.11p直接通信技術の評価に関する5GAAの調査は次を参照:http://5gaa.org/wp-content/uploads/2017/12/5GAA-Road-safety-FINAL2017-12-05.pdf

▽C-V2Xについて
V2Xにより、車両は車両同士や幅広い輸送エコシステムとの通信が可能となる。これは、より長い範囲にわたり強化された情報(ほかの車両からのデータなど)を提供することにより、車載センサーを補完する可能性を持つ。

C-V2Xは、V2Xサービスを提供するためにThird Generation Partnership Project (3GPP、第3世代協力プロジェクト)によって開発された技術である。C-V2Xは2つの通信モード、すなわち、direct vehicle-to-vehicle mode(直接の車両対車両モード)(3GPP仕様では「PC5」と呼ばれる)と、既存のモバイルネットワークを介したvehicle-to-network (V2N) 通信向けのnetwork communications interface(ネットワーク通信インターフェース)(3GPP仕様では「Uu」と呼ばれる)を使用している。

▽5GAAについて
5G Automotive Association(5GAA、5Gオートモーティブ・アソシエーション)は、自動車、技術、情報通信産業(ICT)の各企業によるグローバルな業界の枠を超えた組織であり、将来のモビリティーと輸送サービスのためのエンドツーエンドソリューションを開発するために協力している。2016年に設立された5GAAは67のメンバーで構成されており、その使命は通信ソリューションを開発、テスト、促進し、その標準化を開始し、社会的ニーズに対処するための商業利用可能性とグローバルな市場浸透を加速することである。

▽問い合わせ先
Nafi Niang
Marcom@secretariat.org
+49-895-490-9680

ソース:5GAA

5GAA: Independent Study Finds That the Socio-economic Benefits of Cellular Vehicle-to-everything (C-V2X) Could Amount to 43 Billion Euros by 2035

PR71411

BRUSSELS, Dec. 6, 2017, /PRNewswire=KYODO JBN/–

The 5GAA today published a report, authored by independent telecoms, media and
technology consultants Analysys Mason together with automotive consultancy SBD
Automotive, which assesses the benefits of cellular vehicle to everything
(C-V2X) technology for delivery of vehicle-to-everything (V2X) communication.
The report, which has a focus on the benefits of such solutions in Europe, uses
qualitative evidence, and describes quantitative cost-benefit analysis that the
consultants have undertaken, relating to deployment of C-V2X.

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/615724/5G_Automotive_Association.jpg )

The publication of the report coincides with policy development on V2X, and use
of the 5.9GHz band, in the European Union, where the European Commission is
currently undertaking a public consultation on deployment of cooperative
intelligent transport systems (C-ITS).

The study concludes that the deployment of C-ITS systems is beneficial at the
European Union level. Net benefits that could be accrued in Europe are
estimated to be in the range of EUR20 billion to EUR43 billion in 2035 (with
the highest benefits coming from increased road safety, and traffic
efficiency), across the four scenarios modelled.

The most favourable scenario of those modelled in the study (amounting to EUR
43 billion net benefits) is where the potential for rapid penetration and
economies of scale for C-V2X is maximised and both C-V2X and the Wi-Fi Standard
IEEE 802.11p are able to co-exist in the 5.9GHz spectrum band. Such benefits do
not arise in a scenario where the use of IEEE 802.11p is mandated for C-ITS
services, which would result in less than half these expected net benefits (EUR
20 billion).

The study also indicates benefits of C-V2X for the European market lie in its
deployment flexibility, with the ability to provide coverage for both short
range and wide area applications, and certainty of future evolution to 5G,
potentially facilitating earlier deployment as well as after-market deployment
(e.g. V2X services provided in vehicles via a smartphone or other after-market
device with C-V2X connectivity).

Reduced infrastructure deployment costs are a further key benefit of C-V2X,
from the potential to re-use existing mobile infrastructure, and thus
leveraging cellular technology integration and economies of scale, rather than
building independently operated roadside infrastructure.

Christoph Voigt, 5GAA Chairman comments: “C-V2X will be fundamental to the
deployment of cooperative intelligent transport systems. The benefits
highlighted is this report indisputably demonstrate that this technology will
lead to major improvements in driving and road safety. It further highlights
that the European Commission should take a technology neutral approach and not
limit these benefits by mandating the use of the Wi-Fi standard IEEE 802.11p”

The socio-economic benefits study on C-V2X can be found via
http://5gaa.org/wp-content/uploads/2017/12/Final-report-for-5GAA-on-cellular-V2X-socio-economic-benefits-051217_FINAL.pdf.

Separately, the 5GAA has also today published a study which carries out a
quantitative analysis of LTE-V2X (PC-5) and IEEE 802.11p technologies for
short-range ad hoc/direct communications in reducing fatalities and serious
injuries caused by motoring accidents in the EU. The modelling underlying this
report was peer-reviewed and validated by the technology and policy
consultancy, Ricardo. The study find that LTE-V2X (PC5) outperforms 802.11p in
reducing fatalities and serious injuries on the EU’s roads. The 5GAA’s study on
an assessment of LTE-V2X (PC5) and 802.11p direct communications technologies
for improved road safety in the EU can be found via
http://5gaa.org/wp-content/uploads/2017/12/5GAA-Road-safety-FINAL2017-12-05.pdf.

About C-V2X

V2X allows vehicles to communicate with each other and the wider transport
ecosystem. It will potentially complement on-board sensors by providing
enhanced information (such as data from other vehicles) over a longer range.

C-V2X is a technology developed by the Third Generation Partnership Project
(3GPP) to deliver V2X services, using two modes of communication:

a direct vehicle-to-vehicle mode (called ‘PC5’ in 3GPP specifications) and

a network communications interface (called ‘Uu’ in 3GPP specifications) for
vehicle-to-network (V2N) communication via existing mobile networks.

About the 5GAA
The 5G Automotive Association (5GAA) is a global cross-industry organisation of
companies from the automotive, technology and telecommunications industries
(ICT), working together to develop end-to-end solutions for future mobility and
transportation services. Created in 2016, the Association is comprised of over
67 members which mission is to develop, test and promote communications
solutions, initiate their standardization and accelerate their commercial
availability and global market penetration to address societal needs.

Contact:

Nafi Niang

Marcom@secretariat.org

+49-895-490-9680

Source: 5GAA




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す