TIS、クラウド型CTIのコムデザインへ出資しサービス展開を強化|TIS … – PR TIMES (プレスリリース)

Home » 09情報技術(IT) » TIS、クラウド型CTIのコムデザインへ出資しサービス展開を強化|TIS … – PR TIMES (プレスリリース)
09情報技術(IT), SaaS コメントはまだありません



 コムデザインは、企業のコンタクトセンターやサポートセンター向けに自社開発した技術をベースに、クラウド型コンタクトセンタープラットフォーム「CT-e1/SaaS」を開発、サービス提供している企業です。

 累計530社10,000席以上(2017年10月現在)の企業で採用されている「CT-e1/SaaS」は、クラウド型サービスのメリットに加えて、導入企業ごとに異なるカスタマイズや構成、キャリア選択など、様々な要件・要望に対して柔軟に対応できるアーキテクチャーが特長のサービスです。

 一般的なクラウドCTIでは、クラウドセンターとコンタクトセンター間をインターネットやVPNを利用したIP電話機で構成するのに対し、「CT-e1/SaaS」は、既存PBXを活用しながらクラウドでCTI機能を付与できるほか、PC+携帯やスマートフォンアプリ(CT-e1スマホエージェント)を利用したモバイル・テレワークやIOT連携など、企業のニーズや変化に幅広く適応することが可能です。

<コムデザインの主力商品「CT-e1/SaaS」全体図>

 TISでは、電話とWebを連携するオリジナルサービスの展開や、コールセンター部門向けのCTI、CRMやFAQシステムなどを提供してきました。この取り組みの中で、2011年から「CT-e1/SaaS」を代理店として取り扱っており、近年の要望が高いCTIのクラウド化と多様な適用形態へのニーズに対応するため、コムデザインとより密な協業と連携が必要との判断から、今回のCVC出資を決定しました。

 また、TISでは「CT-e1/SaaS」を自社で提供するデジタルマーケティング領域の統合型マーケティング基盤「TIS MARKETING CANVAS(ティアイエス・マーケティング・キャンバス)」の顧客接点(チャネル)を強化するラインナップとして追加し、他のソリューションとも連携することで、より付加価値を高いサービス提供を目指していきます。

 TISは、今後も、CVCを活用して、事業戦略においてキーとなるソリューション・技術を持つベンチャービジネスとの連携を強化していきます。

■株式会社コムデザインの概要

・社名:株式会社コムデザイン 

・所在地:東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麹町ビル8F

・設立:2000年1月12日 

・資本金:30,000,800円

・代表者:代表取締役社長 寺尾 憲二 

・事業内容:自社開発のオンデマンドコンタクトセンターCTIサービス「CT-e1/SaaS」の提供、CTIソリューション・パッケージの企画及び販売、電話回線、インターネット、イントラネット等を利用した、情報処理システム及びCTIソリューションの受託開発
https://comdesign.co.jp/

■TISの「オープンイノベーションエンジン」について

 TISでは、インキュベーション発生・活用の環境を整え、TIS内外からの新規事業創出を継続的に行うことを目的とした「オープンイノベーションエンジン」を整備しており、今回のコムデザインへのCVC出資もその一環という位置付けです。

 TISでは、「オープンイノベーションエンジン」を中心として、スタートアップ、大手企業、TISの三方からイノベーションの発生と活用に必要な要素を抽出し整えることを恒常的に行っています。スタートアップへの投資や大手企業とのビジネスコラボレーションのための各種施策にも取り組んでおり、ベンチャー投資制度「コーポレートベンチャーキャピタル」では、アーリーからミドルステージのスタートアップを投資対象に最短1ヶ月程度で投資を行います。また、資金提供だけでなく、オープンイノベーションによる新たなビジネス創造の拠点『bit&innovation』に代表されるワークスペースやIT資産などの“モノ”の提供や、TISのエンジニアなどの“ヒト”の提供など、多面的な連携もおこなっています。

■TISの「TIS MARKETING CANVAS」について

 「TIS MARKETING CANVAS」は、顧客接点(チャネル)から、データの収集・分析と、それを活用した施策実行までを実現する統合型マーケティング基盤の構築を支援するソリューションです。100社以上でのマーケティング業務システム構築支援で培って来たインテグレーション技術・ノウハウや業務知識と、システム運用のノウハウを活用し、TISが企業の環境に最適なツールを組み合わせて提案するため、最新のツールを活用したその企業にとってのオンリーワンな環境を構築できます。「TIS MARKETING CANVAS」の詳細は以下URLをご参照ください。
https://www.tis.jp/service_solution/MC/

TIS株式会社について

 TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。http://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて

 TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す