「素晴らしい、素晴らしい」世界が中国株にある-英ヘッジファンド – ブルームバーグ

Home » 08金融 » 「素晴らしい、素晴らしい」世界が中国株にある-英ヘッジファンド – ブルームバーグ
08金融, ヘッジファンド コメントはまだありません



新興市場を一つの概念と捉えるのはやめて、政治的に予測可能で通貨危機に耐えられる十分な内需のある場所を選ぼう。

  これが英ヘッジファンド運用会社アルジェブリス・インベストメンツUKの考えだ。同社のアジア担当最高投資責任者(CIO)イバン・バチコフ氏(シンガポール在勤)が中国を興味深くみる理由もそこにある。同社の運用資産は67億ドル(約7600億円)。

  バチコフ氏(38)は中国について、政治的な一体性に加え、資本の流れを厳しく管理しているために世界の市場混乱に対する緩衝材を備えていると指摘。今月行ったインタビューで、「今のところ株式が投資機会として面白い。中国には多くの素晴らしい、素晴らしいビジネスがある」とし、「われわれが憂慮するようなことからほぼ遮断されて、売り上げを伸ばせるストーリーがそこにある」と述べた。

  アルジェブリスによると、同社のマクロ・クレジット・ファンドは1月にプラス2.6%のリターンを計上。同様のストラテジーのヘッジファンドの動きを追うユーリカヘッジの指数はマイナス0.04%だった。

原題:Hedge Fund Sees a ‘Wonderful, Wonderful’ World in China Stocks(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す