「ヘッジファンドの王様」も懐疑派に転換-米大学基金の損失膨らむ – ブルームバーグ

Home » 08金融 » 「ヘッジファンドの王様」も懐疑派に転換-米大学基金の損失膨らむ – ブルームバーグ
08金融, ヘッジファンド コメントはまだありません



米ウースター大学の寄付基金にとって、ヘッジファンドはかつてリターン向上になくてならなかった。今はそうではない。

  オハイオ州にある同大の経済学教授で寄付基金の投資責任者も務めるジョン・セル氏は「われわれはヘッジファンドの王様だった」が、大学の事務当局は今や「アクティブ運用について懐疑的になっている。ヘッジファンドは超アクティブ運用の典型的な例だ」と話した。

  全米大学実務者協会(NACUBO)と運用会社コモンファンドの調査によると、大学基金がヘッジファンドやその他の代替投資から被った投資損失は昨年6月30日までの1年間に過去最大に膨らんだ。運用資産1億100万-5億ドル(約115億-570億円)の大学基金約800を対象に調査をまとめた。

<

p data-tout-type=”story”>ヘッジファンドのリターンに失望、テキサスの大学基金が資金引き揚げ

  ウースター大は過去5年間、ヘッジファンドへの資産配分を50%近くにしていたが、最大でも25%までに減らすことにした。これは大学基金と公的年金基金の全般的な傾向で、ヘッジファンド投資の価値が疑問視されつつある。ウースター大では、パッシブ運用を増やしてコストを減らしリターンを高める方法が「議論の中心」になっているとセル氏は語った。

原題:Once ‘King of Hedge Funds,’ College of Wooster Becomes a Skeptic(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す