コーエン氏、新たなファンドの開始前にトップトレーダー失う-関係者 – ブルームバーグ

Home » 08金融 » コーエン氏、新たなファンドの開始前にトップトレーダー失う-関係者 – ブルームバーグ
08金融, ヘッジファンド コメントはまだありません



資産家スティーブン・コーエン氏が準備する新たなヘッジファンドが、ちょっとした混乱に見舞われつつある。

  事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に語ったところでは、コーエン氏の下で10年余り働いたポイント72アセット・マネジメントのシニアスタッフで、米国トレーディングの共同責任者を務めていたジェフ・ミラー氏が退職した。ブルームバーグ・ニュースは昨年10月時点で、トレーディングのグローバル責任者フィリップ・ビルハウアー氏が同社を去ると伝えており、これに続く人材流出となる。

  関係者によれば、コーエン氏は約30億ドル(約3340億円)の外部資金を集めて新たなヘッジファンドを来月スタートさせる予定であり、資金募集は3月に締め切る。約20の機関が1億ドル程度ずつ出資するという。

  ポイント72は資金を3年間引き揚げないという条件を提案し、一部の投資家を警戒させたが、そうした条件はもはや求めない方針。同社の広報担当者はコメントを控えている。新たなヘッジファンドやミラー氏の退職については、ビジネス・インサイダーが11日先に伝えていた。

原題:Cohen Loses Another Top Trader Before Hedge Fund Launches (1)(抜粋)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す