JAL、成田空港で訪日旅客向け日本産果物の常設販売開始 認知向上目指す – FlyTeam

Home » 08金融 » JAL、成田空港で訪日旅客向け日本産果物の常設販売開始 認知向上目指す – FlyTeam
08金融, グリーン調達 コメントはまだありません



日本航空(JAL)は2018年1月15日(月)から、成田空港で訪日旅客向けに日本産果物の常設販売を開始します。農業法人みずほとその子会社のみずほジャパンとの取り組みで、農業の輸出や観光産業に育てる地域活性化を目指します。

成田空港では、第2ターミナルビル本館4階の「BLUE SKYおみやげプラザ」で、みずほジャパンが調達した日本産果物を常設販売します。1年を通じて四季折々の果物をお土産として販売することで、日本産果物の認知を向上させ、果物の輸出促進に繋がることが期待されています。

また、1月下旬を目途に、採れたての果物を成田空港のJAL貨物上屋に直接搬入してバンコクまで空輸し、みずほジャパンが運営する「みずほの村市場バンコク店」で翌日に販売できる体制を構築します。

このほか、成田空港で日本産果物を購入した旅客や「みずほの村市場バンコク店」のリピーターを対象に、購入した果物を生産している農園を訪ね、収穫体験を行うグリーンツーリズムを構築し、日本の農産物輸出促進、インバウンド旅客の誘致、地域創生などにつなげていきます。詳しくは、JALのウェブサイトを参照ください。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す