フォース・インディア、2018年F1マシンがHalo静荷重テストに合格 – F1-Gate.com

Home » 08金融 » フォース・インディア、2018年F1マシンがHalo静荷重テストに合格 – F1-Gate.com
08金融, グリーン調達 コメントはまだありません



フォース・インディア F1 Halo 2018年のF1世界選手権

フォース・インディアは、2018年F1マシンに搭載されるHaloの静荷重テストに合格した最初のチームとなったようだ。

2018年、F1マシンにHaloが導入されることでFIAは新たに厳しいHalo静荷重テストを実施。F1チームは、その要件を満たすためにハローのマウントを適合させるだけでなく、コックピット周辺の構造を強化しなければならなくなった。

フォース・インディアのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは「2つのテストがある。それらをパスするのは非常に難しく、パスしなければレースに出場することはできない」とコメント。

「基本的に彼らは油圧ラムを用いてドライバー側のHaloを押しつける。Haloは変形して壊れなければならず、シャシーはひとつの故障もなく完全に元通りのままでなければならない」

「シャシーが最も強いパーツであることを証明するためにはHaloは壊れなければならない。しばらくの間、そこが我々の焦点だった。導入がかなり遅れ、全員が不意を突かれた」

「シャシーが壊れないように設計しつつ、それ以外の周りが壊れるように設計しなければならない。シャシーにどのような相互作用が出るかを予測するのは非常に難しい。なぜなら、全てが移動し、別のかたちに変わるからだ」
「我々はそれに取り組む大きなチームを結成した。フラストレーションを感じたのは、それを実施しなければならなかった時間だ。3月にそれについて知っていれば、もっと余裕をもってやることができただろう」

これまで各F1チームは、フリープラクティスやテストでHaloを搭載して走行を実施してきたが、それらはすべてデザインを表現しただけの“模造”だった。

テストによって、チームは空力的な影響のフィードバックを得ることができ、アブダビでは制限内で気流を制御する試みもなされていた。ドライバーとFIAは、視界とコックピットへのアクセスを評価した。

Haloは、英国、ドイツ、イタリアの3社がFIAから生産する権利を与えられている。チームは3社から調達先を決定し、入荷数を決めることになる。価格は201万円~とされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す