トランプ氏長男、ウィキリークスと米大統領選前に直接交信 – ブルームバーグ

Home » 08金融 » トランプ氏長男、ウィキリークスと米大統領選前に直接交信 – ブルームバーグ
08金融, 間接金融/直接金融 コメントはまだありません



トランプ大統領の長男トランプ・ジュニア氏は13日夜、昨年の米大統領選の数週間前に内部告発サイト「ウィキリークス」と直接連絡を取ったことを明らかにした。トランプ陣営とロシア政府に間接的な接触ルートがあったと主張する民主党員の攻撃材料となりそうだ。

  米誌「アトランティック」は同日、このやり取りが議会の調査委員会に提出されたと報じていた。ジュニア氏は事実を認めつつ、直接の交信記録とするコピーをツイッターで公開し、重要性はないと主張。「これがウィキリークスとやり取りした全てのメッセージだ。議会委員会の1つはこれを選択的にリークした。なんて皮肉だ!」とツイートした。

  このやり取りの中で、ジュニア氏はウィキリークスからの連絡に礼儀正しく応答していることが多く、応答していないこともあった。ただ、ジュニア氏はウィキリークスとの関係や接触は否定していない。

  ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジ氏は同日、ジュニア氏のメッセージのコピーを確認できないとツイッターでコメントした。ペンス副大統領の報道官は報道されるまでその事実を知らなかったと語った。

原題:Donald Trump Jr.’s Secret WikiLeaks Relationship Is Unveiled(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す