大学で使うエネルギーを自前で調達 千葉商科大が「自然エネルギー100%大学」目指し宣言 – エキサイトニュース

Home » 08金融 » 大学で使うエネルギーを自前で調達 千葉商科大が「自然エネルギー100%大学」目指し宣言 – エキサイトニュース
08金融, グリーン調達 コメントはまだありません



 大学で消費するエネルギーは自前で調達しよう――こんな取り組みをスタートさせたのが、千葉商科大学(千葉県市川市)だ。11月13日には「日本初の自然エネルギー100%大学へ」と題する記者発表会を東京都内で行い、原科幸彦学長、政策情報学部の鮎川ゆりか教授らが出席した。

 同大の旧野球部グラウンド跡地を利用したメガソーラー野田発電所は、発電容量が2.45MW。一般家庭約800世帯分の発電量で、大学単体では日本一の規模だ。2014年度の実績では、メガソーラー野田発電所の発電量は、市川キャンパスで使われた電力の77%に相当し、残りの23%を「省エネ・創エネ」で削減していこうという計画だ。会見では、メガソーラー発電所などの発電量と同大市川キャンパスの消費電力を2018年度に同量にし、2020年度には消費エネルギーを発電量と同量にする「自然エネルギー100%大学」への宣言を発表。この宣言は、国内の大学で初めて、自然エネルギー100%プラットフォーム(事務局・京都市)の「自然エネルギー100%宣言団体」に同日付けで登録された。

 「省エネ・創エネ」の取り組みとして、ハードウエア面では、LED照明や太陽光冷暖房の設置などを計画。ソフトウエア面では、学生が主体的に行動するアクティブ・ラーニングのひとつとして、建物内外の温度計測や電力の無駄な消費の調査、節電意識に関する学内アンケートなどを実施。クーラーに頼らない夏の過ごし方の工夫を考えるきっかけとして、打ち水やグリーンカーテンづくりなどの学内啓発イベントも行ってきた。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す