95兆円ファンド主犯説、株急落で目覚めた流動性リスク – 日本経済新聞

Home » 08金融 » 95兆円ファンド主犯説、株急落で目覚めた流動性リスク – 日本経済新聞
08金融, ヘッジファンド コメントはまだありません



 先週11月9日、約26年ぶりの高値を付けた直後の日経平均株価が後場のわずか80分足らずの間に800円以上も急落し、市場関係者の関心を集めている。その原因を探ると、ヘッジファンドなどが注力する資産運用の機械化が引き起こす流動性リスクが浮かび上がる。

 資産価格の下落が始まると買いの手が引っ込んで流動性が急速に低下し、値崩れが加速するというのが流動性リスクだ。2000年代後半の米住宅ローンバブル崩壊は…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す