英WPP、米ベインのアサツーディ・ケイ買収に反対 – ロイター

Home » 07事業再・M&A » 英WPP、米ベインのアサツーディ・ケイ買収に反対 – ロイター
07事業再・M&A, 投資ファンド コメントはまだありません



[ロンドン 12日 ロイター] – 英広告代理店大手WPP(WPP.L)は12日、米投資ファンドのベイン・キャピタルが発表したアサツーディ・ケイ(9747.T)の株式公開買い付け(TOB)について、買い付け価格が低すぎるとして、買収に反対する姿勢を示した。

WPPはアサツーディ・ケイの発行済み株式数の24.96%を保有している。

WPPは、アサツーディ・ケイの企業価値が大幅に過小評価されていると主張。アサツーディ・ケイに対し、他の選択肢も検討したのかとの疑問を示し、買収後の海外戦略やデジタル戦略にも懸念を示した。

TOBは、応募株式が50.1%を超えなければ、不成立となる。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す