サムスン、330億円ファンド組成 自動運転の技術開発 – 日本経済新聞

Home » 07事業再・M&A » サムスン、330億円ファンド組成 自動運転の技術開発 – 日本経済新聞
07事業再・M&A, 投資ファンド コメントはまだありません



 【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子は14日、3億ドル(330億円)規模の投資ファンドを組成すると発表した。自動車部品会社や電子部品会社に出資し、自動運転技術の開発を加速する。今春買収した米自動車部品大手のハーマンインターナショナルの中に、同技術の開発を担う専門部署を新設したことも明らかにした。

 次世代センサーや人工知能(AI)、セキュリティー関連技術に強く、自動運転やコネクテッドカー(つながるクルマ)を事業領域にする企業を投資対象とする。第1弾としてオーストリアのTTTech社に7500万ユーロ(約98億円)を投じることを決めた。同社は日本のルネサスエレクトロニクスと自動運転車を想定した車載制御ユニットの開発で提携している。

 サムスンは、半導体とスマートフォン(スマホ)に次ぐ次世代の収益柱に、バイオ関連事業と自動車部品事業を育成する計画。80億ドルとサムスンとして過去最大案件になったハーマンもその一環で買収した。ファンドを通じて自動車業界のネットワークを強化する狙いもありそうだ。

 同社の新設部署は、自動運転につながる先進運転支援システム(ADAS)を手掛ける。米シリコンバレーにあるサムスンの研究開発センターと連携し、競争力を高める。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す