ゴールドマン、中国の海航集団傘下部門のIPO助言取りやめ-関係者 – ブルームバーグ

Home » 07事業再・M&A » ゴールドマン、中国の海航集団傘下部門のIPO助言取りやめ-関係者 – ブルームバーグ
07事業再・M&A, IPO コメントはまだありません



ゴールドマン・サックス・グループは中国の海航集団(HNAグループ)の技術アウトソーシング部門が計画している米国での新規株式公開(IPO)の準備作業を中止した。事情に詳しい関係者1人が明らかにしたもので、同IPOが内部のコンプライアンス(法令順守)要件を満たしていないためだとしている。

  同関係者によれば、ゴールドマンは正式に受託していないものの、海航集団の出資構成を巡る懸念を理由に、同集団傘下のパクテラ・テクノロジー・インターナショナルのIPOに関する助言を取りやめる。海航集団や潜在的な投資家には既に決定が伝えられたという。関係者は情報が非公開であることを理由に匿名を条件に語った。

  海航集団の担当者は、パクテラは正式なIPO手続きを開始しておらず、投資銀行も起用していないとコメント。同集団とゴールドマンが進めている共同プロジェクトは全て正常に機能していると述べた。ブルームバーグの質問に答えた。

  ゴールドマンの担当者はコメントを控えた。ロイター通信は6日に先に、ゴールドマンが同IPOに関する作業を取りやめたと伝えていた。

原題:Goldman Sachs Is Said to Halt Work on IPO of HNA’s Pactera Unit(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す