政投銀、米投資銀行との提携を発表 M&A分野で外銀と初 – 日本経済新聞

Home » 07事業再・M&A » 政投銀、米投資銀行との提携を発表 M&A分野で外銀と初 – 日本経済新聞
07事業再・M&A, M&A コメントはまだありません



 日本政策投資銀行は8日、米投資銀行のBDAパートナーズとアジア・欧米など海外でのM&A(合併・買収)仲介業務に関する資本・業務提携を7日に締結したと発表した。政投銀はBDAの株式の5%を取得する。政投銀がM&A仲介業務で海外の投資銀行と業務・資本提携するのは初めて。

 政投銀は5月に発表した中期経営計画でM&A仲介業務の強化を挙げており、今回の資本・業務提携でより効果的で効率的な海外でのM&Aを提供を目指す。

 BDAは米ニューヨーク本社のほか、日本を含む世界10カ国・地域に拠点を持ち、日本では旭硝子(5201)やパナソニック(6752)、住友商事(8053)などが関わった案件を手掛けた実績があるという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す