コラム:ソフトバンクはユニコーン狙い、変わる日本の投資戦略 – ロイター

Home » 07事業再・M&A » コラム:ソフトバンクはユニコーン狙い、変わる日本の投資戦略 – ロイター
07事業再・M&A, 企業価値/事業価値 コメントはまだありません



Robert Cyran

[ニューヨーク 24日 ロイター BREAKINGVIEWS] – ソフトバンクグループ(9984.T)とソフトバンク・ビジョン・ファンドが米共用オフィス運営のウィーワークに総額44億ドルを投資する。

かつて日本企業はゴッホの絵画「ひまわり」やロックフェラー・センターを買い漁ったものだが、今どきの標的はユニコーン企業(時価総額10億ドル超の非上場新興企業)だ。ただ、名画と違ってオフィス運営会社は唯一無二の存在ではなく、競合他社に真似されて価値が下がる恐れもある。

ソフトバンクとビジョン・ファンドは今年、数多くの上場企業の株式に投資してきたが、大型の投資は非上場の新興企業に絡むものが目立った。中国配車サービス大手、滴滴出行に50億ドルを出資したほか、がん検査やデジタル決済、工業ソフトウエアなどに取り組む新興企業に多額を投じている。

ヤフー・ジャパン(4689.T)の例に見られるとおり、孫氏の大成功のいくつかは、西洋の技術を日本に輸入することによって実現した。ウィーワークはそうした手法にぴったりだ。ソフトバンク陣営は30億ドルの出資に加え、中国、日本、その他アジア地域のウィーワーク事業に14億ドルを投資する。

ウィーワークは仕事および居住の新潮流に乗る企業だ。同社が提供する事務所スペースは、間仕切りだらけの殺風景な部屋ではなく、デザイナーズホテルのような雰囲気がある。この魅力が数多くの若い企業を引き付け、50以上の都市に展開したことで優良企業も事務所スペースの獲得に関心を示すようになった。

ソフトバンクはウィーワークの企業価値を170億ドルと評価しており、大幅な成長を当てにしている。確かに、開業から1年程度のビルで30─40%の利ざやを確保し、利払い・税・償却前利益(EBITDA)で収支トントンに近い業績を挙げていることは誇っていい。とはいえウィーワークは、年末までに年率換算の月間収入10億ドルを目指す小規模な企業だ。

同社は借りたビルを又貸ししているため、次の景気後退が訪れて顧客が離れたり、好景気が続いてビルの所有者が賃料を引き上げたりすれば、利ざやは縮小する。それに物件を小奇麗にして又貸しするというビジネスは、何ら特別なものではない。ソフトバンクによる巨額の投資に触発され、ウィーバンクを真似する企業が続々と現れれば、ソフトバンクの投資効果は陰りかねない。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す