きょうの動意株 | ソフトバンクは売り一巡後に反発、アリババ … – 会社四季報オンライン

Home » 07事業再・M&A » きょうの動意株 | ソフトバンクは売り一巡後に反発、アリババ … – 会社四季報オンライン
07事業再・M&A, 企業価値/事業価値 コメントはまだありません



 ソフトバンク(9984)は全般の軟地合いに押されて下落して始まったが、一巡後はすかさず切り返して反発。午前11時10分時点では前日比22円(0.3%)高の8764円となっている。

 17日に発表された中国の電子商取引(EC)最大手、アリババ集団の2017年4~6月期決算が好調で同日のニューヨーク市場でアリババ株が上昇。その発行済株式の約3割を保有するソフトバンクの企業価値の向上につながるとして買い注文が流入している。

 アリババの同期の決算は本業のもうけを示す営業利益が前年同期比99%増の175億元(約2900億円)とほぼ倍増。ネット通販の会員数は7%増だったが、1人あたり販売額の増加や海外事業の拡大などが寄与した。これを受けてアリババの株価は163.92ドルと前日から2.8%上昇して最高値を更新。一時は168ドルまで買い進まれる場面もあった。

 終値ベースでの時価総額は4200億ドル規模に膨らみ、その約3割を保有するソフトバンクの保有価値は日本円換算で13兆8000億円レベルに膨らんだ計算だ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す