展望2018/日本電産・永守会長兼社長に聞く、M&Aの神髄を受け継ぐ … – 日刊工業新聞

Home » 07事業再・M&A » 展望2018/日本電産・永守会長兼社長に聞く、M&Aの神髄を受け継ぐ … – 日刊工業新聞
07事業再・M&A, M&A コメントはまだありません



  • 永守重信氏

―今春、電気自動車(EV)駆動用モーターを開発・生産する合弁会社を仏グループPSAと設立します。

「同様の話はたくさんあり、1番目に決まったのがPSA。引き続き合弁も買収もどんどんやっていく。EV化で異業種の新規参入は増える。かつてのテレビやパソコンと同じく、自動車産業はサプライチェーンとの関係を含め、大きな変化が起こるだろう」

―独ボッシュ、独コンチネンタルなど、メガサプライヤーが、これからの競争相手です。

「そうだ。ただ、他社はエンジン車向けが主体で、当社はEV関係中心の電動化を担うモーター会社。規模の大きい会社、歴史ある会社が強いとは限らない。実際、45年前に自宅で会社を作った当社は、世界最大のモーターメーカーとなっている」

―メガサプライヤーも駆動用モーターを手がけています。

「(メガサプライヤーは)家電用やパワーステアリング用などのモータ…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す