米VCプラグ・アンド・プレイ上陸、国境なき起業支援 – 日本経済新聞

Home » 07事業再・M&A » 米VCプラグ・アンド・プレイ上陸、国境なき起業支援 – 日本経済新聞
07事業再・M&A, ベンチャーキャピタル コメントはまだありません



 起業の街、東京・渋谷の国際化が進んでいる。それをさらに加速させそうなのが、2017年に日本に本格上陸した米有力ベンチャーキャピタル(VC)のプラグ・アンド・プレイだ。創業間もない企業を大企業と橋渡しし、成長を後押ししている。世界13カ国にインキュベーション施設を展開し、ネットワークを駆使した「国境なき起業家支援」を推し進める。

■13カ国にインキュベーション施設

プラグ・アンド・プレイの支援プログラムに参加する起業家ら(東京・渋谷のインキュベーション施設)

プラグ・アンド・プレイの支援プログラムに参加する起業家ら(東京・渋谷のインキュベーション施設)

 17年11月10日、渋谷にインキュベーション施設を開設したプラグ・アンド・プレイの「お披露目式」は、300人を超える起業家や関係者らでごった返した。通常のスタートアップのイベントとは雰囲気が違う。カジュアルな服装の起業家よりスーツ姿のビジネスマンが目立つ。大企業の新規事業や研究開発部門の担当者らだ。

 「日本の大手銀行や保険会社と組み、事業を拡大していきたい」。認証技術を手掛ける米ノーパスワードの事業開発担当、ホマ・サレー氏は力を込める。支援プログラムに選ばれた国内外の起業家らが次々と事業モデルを披露した。

 「シリコンバレーでの実績を東京や北京など世界に広げていく」。あいさつに立った創業者のサイード・アミディ最高経営責任者(CEO=57)は強調した。起業家や投資家、大企業が集積する「シリコンバレーの縮図」を渋谷で目指す。

 プラグ・アンド・プレイは06年にイラン系米国人のアミディ氏らがシリコンバレーで設立した。米ペイパルや米ドロップボックスに出資した実績を持つ「世界最大のアクセラレーター」として知られる。支援先は2000社を超え、出資先は700社超。支援したスタートアップの資金調達額は総額60億ドル(約6700億円)を超える。

 アミディ氏は1970年代後半のイラン革命を機に両親とともに米国に移住した。不動産事業などを経て90年代初めにスタンフォード大学の近隣に2階建てビルを取得。創業したてのペイパルやグーグルに部屋を貸し出した。その建物はいつしか成功企業が相次ぐ「ラッキービル」と呼ばれるようになった。

 その経験から、より効率的に起業家を支援するため、数百社のスタートアップが入居する現在のインキュベーション施設をシリコンバレー中心部に設立した。

 その後、インキュベーション施設は世界13カ国・25カ所に広がり、アジアではシンガポールやジャカルタ、中国本土にも広く進出している。大企業との幅広いネットワークが強みで、提携先は200社を超え、日本からも30社超が協力する。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す