巨大M&Aは起こらない?ー2018年の自動車業界 – M&A Online

Home » 07事業再・M&A » 巨大M&Aは起こらない?ー2018年の自動車業界 – M&A Online
07事業再・M&A, M&A コメントはまだありません



自動車業界は大再編の環境にない

 日本経済をけん引する自動車産業。2018年に自動車業界の大再編は起こるのだろうか? 結論を言おう。その可能性は極めて低い。最大の理由は世界の自動車市場が堅調なことだ。

 2017年1-11月累計販売台数をみると、世界最大の中国市場は前年同期比3.6%増の2584万5000台と成長を続けている。世界二位の米国市場は1562万2461台で同1.5%減の微減にとどまっているうえに、比較的利益率の高い小型トラックは同4.5%増と成長を持続している。欧州もブレグジット(EU離脱)で景気の不透明感が増している英国が同5.0%減の238万8144台となったものの、ドイツが同3.0%増の318万7312台、フランスが同5.3%増の191万7383台、イタリアが同8.7%増の184万8919台と好調だ。日本は同5.8%増の483万9912台と5%を超える成長になった。

 自動車メーカーの大型M&Aは世界販売や企業業績が低迷した時期に起こる。1997年7月に始まったアジア通貨危機、1998年8月のロシア通貨危機に伴う世界経済の危機を受けて、1998年11月に独ダイムラー・ベンツと米クライスラーが合併してダイムラー・クライスラーが誕生した(2007年に解消)。国内メーカーをみても1996年の米フォード・モーターによるマツダ<7261>(2015年に完全解消)、1999年の仏ルノーによる日産自動車<7201>、2000年のダイムラーによる三菱自動車<7211>(2005年に完全解消)、2016年の日産による三菱自動車への資本提携は、いずれも出資を受ける側の経営危機に起因するものだ。急激な景気悪化や企業不祥事の発覚などによる販売台数の激減がない限り、自動車メーカー同士でのM&Aは起こらないのだ。



三菱自動車の日産・ルノーグループ入り会見
最新の再編型M&Aは三菱自動車の日産・ルノーグループ入り

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す