2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発 – M&A Online

Home » 07事業再・M&A » 2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発 – M&A Online
07事業再・M&A, M&A コメントはまだありません



 2017年のM&A戦線に異状はあったのか。“アラカルト10選”と題し、編集部がこの1年間のM&Aを振り返り、話題や出来事をピックアップした。

兄弟の息が合わず

「森永製菓・乳業 統合へ」(日本経済新聞2月24日付)との報道から、ひと月もしないうちに幻となったのが森永製菓<2201>と森永乳業<2264>の経営統合。3月30日、両社は選択肢の一つとしてきた統合に関し、「現時点での検討を終了する」と発表した。

 両社はその名のとおり兄弟会社で、森永製菓が森永乳業の筆頭株主(10.54%)。森永製菓の前身は森永太一郎が明治32年(1899年)、東京・赤坂に創設した日本初の洋菓子専門工場にさかのぼる。「協業は引き続き検討する」(両社)としているが、統合話が再燃するには経済環境の激変などの諸条件が必要になりそうだ。

 同業のライバル、明治製菓、明治乳業は2009年、経営統合して総合菓子・乳業最大手、明治ホールディングス(HD)<2269>を発足させている。

高い買い物に

日本郵政本社(東京都千代田区)

 日本郵政<6178>は2017年3月期決算で約4000億円の巨額損失を計上し、2007年の郵政民営化後初めての赤字に陥った。この原因は2年前の2017年、約6200億円で買収し日本郵便の子会社とした豪州の物流大手トール・ホールディングスの業績不振。ブランド価値の見直しに伴うのれんの一括減損処理を迫られたのだ。国内郵便事業の成長が見込めない中、国際物流に活路を見出だそうとの戦略だが、いきなりつまづいた格好で、高値づかみの集中砲火を浴びた。

 その後、日本郵政による野村不動産ホールディングス<3231>の買収検討が表面化したが、結局、こちらは「白紙」となり、ドタバタ劇を演じてしまった。

10日でご破算に

太平洋をまたぐ大型買収ならず…

 日本ペイントホールディングス<4621>が米塗料大手、アクサルタ・コーティング・システムズ(本社フィラデルフィア)に買収提案したことを公表したのは11月22日。1兆円規模での買収を提案し、本格協議に入ったのもつかの間、12月1日には交渉の中止を発表した。実現すれば、日本企業による今年最大のM&Aだっただけに、日本ペイントにとって市場の失望も誘う痛恨事となってしまった。 

 ただ、同社の直近売上高が6050億円(2017年12月期予想)に対し、買収提案金額は約1.7倍に相当し、身の丈を超えるM&Aだったとの見方も。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す