ユニゾン・キャピタル、ホテル・レストラン経営のフォーブスを買収 – M&Aタイムス

Home » 07事業再・M&A » ユニゾン・キャピタル、ホテル・レストラン経営のフォーブスを買収 – M&Aタイムス
07事業再・M&A, M&A コメントはまだありません



3
ユニゾン・キャピタル4号投資事業有限責任組合及びUnison Capital Partners IV(F), L.P.(以下、ユニゾン)は、ホテル・レストランの経営等を行っているフォーブスの株式を取得したと発表した。

フォーブスは、1990年の1号店のオープンから約30年を経て、全国で24店舗のホテルとレストランをそれぞれ運営。ホテル事業では、「ホテルウィングインターナショナル」のブランドのもと、「食」と「泊」のコラボレーションという他社にはない独自の発想をプラットフォームとして進化させつつ、直近では高いデザイン性を誇る新たなホテルフォーマットの開発も進めている。

今後、フォーブスは毎年5〜10店舗の新規出店を行っていく計画。特に、中核都市においては宿泊特化型ホテルにおけるアッパーミドルクラスに注力していく。大手ホテルチェーンの標準的規格とは異なる柔軟なプランニングにより、土地オーナーの期待に独自の視点から応えていく。

ユニゾンは、これまでの多店舗展開企業の支援実績を活かし、マーケティング、組織体制の整備、従業員の採用活動の強化などフォーブスへの経営リソースの提供を行っていく。また、本件を機に、ユニゾンの資金力をもとに宿泊特化型ホテルを中心に他のホテルチェーンの買収・資本提携などを進めていくことを想定している。これらを通じて、ユニゾンは宿泊客に愛されるホテルプラットフォームの構築を目指す。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加0
  • feedy

こんな記事もよく読まれています





コメントを残す