スーパー「やまと」が自己破産申請へ 負債総額16億7千万、170人解雇 大型店との競争激化で105年の歴史に幕 山梨 – 産経ニュース

Home » 07事業再・M&A » スーパー「やまと」が自己破産申請へ 負債総額16億7千万、170人解雇 大型店との競争激化で105年の歴史に幕 山梨 – 産経ニュース
07事業再・M&A, 債務超過 コメントはまだありません



 創業105年の中堅食品スーパー「やまと」(山梨県韮崎市富士見)は6日夜、全9店舗の営業を停止し、約170人の従業員を全員解雇した。甲府市の代理人弁護士によると、早期の手続き開始を目指し、来週中に甲府地裁に自己破産を申請する。帝国データバンク甲府支店などによると、負債総額は平成29年6月期決算で16億6900万円。やまとは県北を中心に県内で親しまれてきたが、大手量販店や同業他社との競合激化で、売り上げの不振が続いていた。

 やまとは大正元年に鮮魚店として創業。昭和26年に株式会社化し、50年からは食品スーパーに業態を転換した。

 韮崎、北杜両市を中心に甲府、笛吹、市川三郷などで店舗を展開。最盛期は16店舗を運営し、平成12年6月期には約78億9200万円を売り上げた。

 だが、大型店や競合他社の出店攻勢、価格競争の激化などで客数、客単価の減少が続き、26年6月期の売上高は47億9200万円に落ち込み、債務超過に陥った。25年以降は不採算店を閉鎖し、現在の9店舗に縮小した。

 金融機関や主力仕入れ先の支援で経営再建を目指したが収支改善は進まず、直近の29年6月期の売上高は27億4700万円。4期連続の最終赤字で事業継続は困難と判断した。

続きを読む




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す