(株)やまと|山梨県韮崎市 – 東京経済株式会社

Home » 07事業再・M&A » (株)やまと|山梨県韮崎市 – 東京経済株式会社
07事業再・M&A, 債務超過 コメントはまだありません



2017年12月7日 公開

(株)やまと|山梨県韮崎市

【業種】 食品スーパー経営
【倒産形態】 弁護士一任
【負債総額】 16億6,900万円内外(29/6月末)

東京支社月例情報会(H28.4.14)および特別情報東京版(H28.5.19)で既報。12月6日に事業を停止し、破産手続開始申立の準備に入った。事後処理を古屋 俊仁弁護士(古屋法律会計事務所、甲府市北口1-1-8 甲府北口ビル、TEL 055-254-3915)他2名に一任している。負債総額は平成29年6月末時点で16億6,900万円内外(一般債務4億5,400万円内外、金融債務12億1,500万円内外)が見込まれている。

大正元年8月創業、昭和26年2月に法人改組した老舗の食品スーパーマーケット経営業者。山梨県韮崎市および峡北エリアを中心に、生鮮3品と惣菜(そうざい)を主力とした店舗を16店舗運営していた。ピークを迎える平成20年6月期売上高は64億4,300万円内外を計上していた。

しかし、大手量販店や地元同業他社の出店攻勢と低価格販売の競争により、来店客数と客単価は減少。減収傾向は強まり、平成26年6月期売上高は47億9,200万円内外にダウンして債務超過に転落。平成26年10月には取引金融機関に対し、借入金返済猶予の経営改善計画を提出し、不採算店舗の閉鎖などリストラに着手。業績好転を目指していたが、主力仕入れ先から質権設定されるなど信用不安が続いた。

その後、店舗数を9店舗まで削減するなどしてスリム化を図るが、平成29年6月期売上高は27億4,700万円内外に大きく減収。4期連続の減収と赤字決算となる中、金融機関や主力仕入れ先からの協力を受けて経営再建を目指すも、奏功することなく今回の事態となった。

業種 食品スーパー経営
倒産形態 弁護士一任
所在地 山梨県韮崎市富士見2-12-36
設立 昭和26年2月
創業 大正元年8月
従業員 70名
代表者 小林 久
資本金 3,000万円
年商 27億4,700万円内外(29/6)
負債総額 16億6,900万円内外(29/6月末)

特別情報掲載

特別情報本文に掲載された日付です。

2016年05月19日

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特別情報とは

実は小社の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す