スタートアップが上場後、単なる「1銘柄」として直面する現実【ポストIPO … – ダイヤモンド・オンライン

Home » 07事業再・M&A » スタートアップが上場後、単なる「1銘柄」として直面する現実【ポストIPO … – ダイヤモンド・オンライン
07事業再・M&A, 投資銀行 コメントはまだありません



シニフィアンの共同代表3人が、本音で放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談。3人とも兵庫出身の関西人らしく、やたらと早口、やたらと長話。でも、ピリッと少しだけ役に立つ……?! 今回から「ポストIPO」をテーマに、日本のスタートアップが上場直後に感じる戸惑いやフラストレーションの源について語り合います。(ライター:石村研二)

朝倉祐介  シニフィアン株式会社共同代表
兵庫県西宮市出身。競馬騎手養成学校、競走馬の育成業務を経て東京大学法学部を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。東京大学在学中に設立したネイキッドテクノロジーに復帰、代表に就任。ミクシィ社への売却に伴い同社に入社後、代表取締役社長兼CEOに就任。業績の回復を機に退任後、スタンフォード大学客員研究員等を経て、政策研究大学院大学客員研究員。ラクスル株式会社社外取締 役。Tokyo Founders Fundパートナー。
村上 誠典  シニフィアン株式会社共同代表

兵庫県姫路市出身。東京大学にて小型衛星開発、衛星の自律制御・軌道工学に関わる。同大学院に進学後、宇宙科学研究所(現JAXA)にて「はやぶさ」「イカロス」等の基礎研究を担当。ゴールドマン・サックスに入社後、同東京・ロンドンの投資銀行部門にて14年間に渡り日欧米・新興国等の多様なステージ・文化の企業に関わる。IT・通信・インターネット・メディアや民生・総合電機を中心に幅広い業界の投資案件、M&A、資金調達業務に従事。
小林 賢治  シニフィアン株式会社共同代表
兵庫県加古川市出身。東京大学大学院人文社会系研究科美学藝術学にて「西洋音楽における演奏」を研究。在学中にオーケストラを創設し、自らもフルート奏者として活動。卒業後、株式会社コーポレイトディレクションに入社し経営コンサルティングに従事。その後、株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、取締役・執行役員としてソーシャルゲーム事業、海外展開、人事、経営企画・IRなど、事業部門からコーポレートまで幅広い領域を統括する。

上場したらワンオブゼム

朝倉祐介(シニフィアン共同代表。以下、朝倉):私、ブログ書くの嫌いなんです。時間かかるし、めんどくさいし、なるべくならやりたくない。そこで、3人がいつもの調子で話した内容をそのまま書き起こして、プロの力で上手いことやったら、なんとなくそれっぽいコンテンツに仕上がるんじゃないかな~と。プロの力で。

 そんな淡い期待を寄せつつ、ひとまず実験的に試してみよう、箸にも棒にもかからなかったら諦めよう、そんな勢い任せで始める見切り発車の企画です。どこに行き着くのかはまったくわかりませんが、とりあえず話の出発点は決めておこうということで、今日のお題はポストIPOです。

小林賢治(シニフィアン共同代表。以下、小林):ポストIPOということだけど、上場したら企業はどう見られるかということを端的に表した言葉が最初に頭をよぎりました。「上場した途端、会社は“銘柄”と呼ばれる」。元ネタはみさき投資の中神さんなんだけど、上場企業といっても投資家からするとOne of themでしかないということを如実に突きつけられる表現で、発行体からするとやるせないなぁと。

 非上場企業に対しては投資のチャンスが限られているから、基本的には投資家側も「投資させてください」っていうスタンスであることが多いわけだけど、上場した途端、投資家からは「別にお前じゃなくてもいいよ」っていう扱いになる。上場っていうのは、発行体と投資家の関係性が著しく変わるイベントだなっていうことを思い知らされた言葉でした。

村上誠典(シニフィアン共同代表。以下、村上):上場する前は家族の輪の中で「あなたが一番よ」って言われていたのが、上場した途端に世間の大海原に放たれて「一人でなんとかしろ」って扱われるみたいなもんですしね。

朝倉:なんだかそれまでちやほやされていたエリート大学生がいきなりドブ板営業の会社に飛び込んだような感覚ですね。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す