ヘッジファンドが直面する新時代、AIはバフェット氏に勝てるのか – ブルームバーグ

Home » 07事業再・M&A » ヘッジファンドが直面する新時代、AIはバフェット氏に勝てるのか – ブルームバーグ
07事業再・M&A, 投資ファンド コメントはまだありません



ロンドンのヘッジファンド会社、ウィントンは、人工知能(AI)をウォーレン・バフェット氏に挑戦させた。大規模な企業買収は通常、買い手企業の株価を下落させるという同氏の持論が正しいかどうか検証した。1960年代以降の約9000の案件についてデータを集め分析したところ、買収が株主価値を損なうという説は証明されなかった。

  ウィントンでデータサイエンティストのチームを率いるダニエル・ミッチェル氏は、実験のおかげで「誤ったシグナルに沿って取引し、損失を被るリスクを回避できた」と話した。バフェット氏にアシスタントを通じてコメントを依頼したが応答はなかった。

  AIは少しずつ、未来の投資の世界での居場所を確保しつつある。ゴールドマン・サックス・グループやトゥー・シグマなどがAIを使った戦略や調査ツールを採用している。AIはどこまで行くのだろうか。

The Future of Investing
イラスト:Kevin Hong

  1035億ドル(約11兆6400億円)を運用するヘッジファンド会社、マン・グループのルーク・エリス最高経営責任者(CEO)はインタビューで、「コンピューターの性能とデータ量が今のペースで上がり続ければ25年後には投資管理業務の99%に機械学習が関わるようになるだろう」と話した。

  人間の雇用への影響は絶大になり得る。コンサルティング会社オピマスは金融機関を対象とした調査を基に、資産運用業界の従業員30万人のうち9万人の職が2025年までにAIのために消えるだろうとの見積もりを示した。

  経験豊富でビッグデータを扱える機械学習専門家の報酬は年間100万ドル近くになることもある。裁量的に投資するヘッジファンドのネブスキー・キャピタルをクオンツファンドとの競争の中で昨年閉鎖したマーティン・テイラー氏は「アクティブ運用会社は収入が減る中でエンジニアに支払う報酬を増やさなければならないので、人間の株式アナリストに払う金は節約せざるを得ない」と話し、「人間にとっては暗い世界だ」と付け加えた。

  最終的には、AIの未来はその運用成果次第だ。現在AI戦略オンリーで運用している少数のファンドの成績は中程度で、ヘッジファンド業界全体よりは良いが株式市場全体の上昇率には届かない。ユーリカヘッジの指数によれば、13のAIファンドの2016年末まで6年間の平均年リターンは10.6%。今年10月末までは8.5%だった。

  ちなみにバフェット氏のバークシャー・ハサウェイの11-16年のリターンは年12.5%なので、AIはまだ伝説の投資家にはかなわないことになる。

原題:Hedge Funds Face New Era as AI Becomes a Master of the Universe(抜粋)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す