ボンバルディアがエジプト航空とCS300航空機最大24機に関する基本合意書に署名 – CNET Japan

Home » 07事業再・M&A » ボンバルディアがエジプト航空とCS300航空機最大24機に関する基本合意書に署名 – CNET Japan
07事業再・M&A, LOI(基本合意書) コメントはまだありません



DUBAI, Nov 16, 2017 – ( JCN Newswire ) – ボンバルディア・コマーシャル・エアクラフトはドバイ航空ショーにおいて、最大24機のCS300航空機に関して カイロに拠点を置くエジプト航空持株会社との基本合意書(LOI)に署名したことを発表しました。これには、CS300の航空機12機に加えて、さらに12機の購入権が含まれています。

CS300旅客機の定価に基づくと、確定注文分の契約は約11億米ドルと見積もられます。また、エジプト航空がCS300の航空機12機の購入権を行使すれば、契約額は22億米ドル近くまで増加します。

エジプトの民間航空大臣シャリーフ・ファタヒー氏の出席のもと、エジプト航空持株会社会長兼CEOサフワット・ムッサラームおよびボンバルディア・コマーシャル・エアクラフト社長フレッド・クロマーが基本合意書への署名を執り行ったドバイ航空ショーにおいて記者会見が行われ、両社の提携関係の新たな時代の幕開けとなりました。

「当社のフリート近代化計画を継続する一環として、ボンバルディアとのこのような新たな提携関係を構築できたことは光栄です。フリートの徹底的な評価プロセスを実施し、CS300が当社の事業計画および成長戦略に完全に適合するであろうことがわかりました。」サフワット・ムッサラームはこのように述べました。

「当社はCシリーズの航空機を選びました。CS300飛行機の桁外れの経済性と卓越したキャビンに加えて、ラインナップも豊富です。近隣のアラブ都市、中東、さらには一部のヨーロッパの目的地を含めて、国内および局地的な目的地に最も適したサービスを提供できると考えています。CS300を就航させ当社のネットワークを拡大できる日を心待ちにしています。そして、発表があったエアバスとの提携によって、Cシリーズのプログラムにさらなるサポートをもたらすことを嬉しく思っています。」

「フリートの更新においてエジプト航空にCS300航空機をお選びいただけたことは喜びに堪えません。」フレッド・クロマーはこのように続けて述べました。「ボンバルディアの20年間市場見通しでは、局地的な就航に60席~150席のカテゴリーで450機の需要を予見しています。また、この基本合意書によって、中東での適切な規模の航空機のニーズが確かなものになりました。当社のCシリーズの中でも小型で単一通路型の航空機は、高温環境の地域でサービスを提供する上で最適だと自負しております。また、より高い収益性をもたらすパフォーマンスと経済性を実現できることに疑いの余地はないでしょう。」

エジプト航空について
エジプト航空は、カイロに拠点を置くエジプトの国有航空会社です。1932年5月7日に、中東およびアフリカで初の航空会社として設立され、IATAに世界で7番目に加盟しました。エジプト航空のネットワークは、世界中およそ60か国で70以上の目的地に達しており、顧客のニーズを満たすことができます。また、2008年7月からStar Allianceのメンバーになっています。 さらなるニュースや情報は、 www.egyptair.com およびソーシャルメディアのエジプト航空公式ページをご覧ください。

Cシリーズの航空機について
Cシリーズは、100~150席の市場セグメント向けに最適化された唯一の航空機であり、同機の驚異的な経済命題とパフォーマンスを促進して単一通路型航空機に新しい機会をもたらします。Cシリーズの航空機は、ボンバルディア社のボンバルディア・コマーシャル・エアクラフト部門の系列会社、Cシリーズ・エアクラフト・リミテッド・パートナーシップによって製造されています。

Cシリーズは、CS100航空機およびさらに大型のCS300航空機で構成されており、パフォーマンスと技術の融合の象徴です。結果的に100~150席の市場セグメントにおいて比類のないパフォーマンスと経済が実現し、乗客1人当たりのコストを18パーセント削減できます。つまり、より大型の単一通路型航空機を補完する上で最適な機体となり得ます。航空会社は今日では、以前は不採算だった航路や就航さえ不可能であった航路を運航できるようになっています。例えばデンバー、メキシコシティ、あるいはラサといった暑くて気温の高い空港のうち、20パーセント以上の範囲で改善が確認されています。

ボンバルディアは、他社の追随を許さない乗客体験が得られるようにキャビンの設計と柔軟性について新基準を制定しました。さらに大型になった座席、頭上の荷物入れ、窓によってワイドボディ感が実現しており、単一通路型航空機における比類のない快適さを乗客に提供できます。

CS100およびCS300航空機には、99パーセント以上の共通性だけでなく、同じタイプの定格(Same Type Rating)があります。Cシリーズは、その高度な空力と画期的なPratt & Whitney PurePower(R) PW1500Gエンジンを組み合わせることで燃料の燃焼、騒音、排出ガスの削減を実現し、最もコミュニティに優しい航空機となるでしょう。

ボンバルディアについて
ボンバルディアは航空機と列車を取り扱う世界有数のメーカーです。現在、人や物を運びながら遠くはるか先を見つめているボンバルディアは、あらゆる場所でより効率的に持続可能で心が浮き立つような交通を求める声に応えることで、世界中の移動手段を進化させています。ボンバルディアを輸送における世界的なリーディングカンパニーにしているのは、当社の車両、サービス、そして何よりも従業員です。

また、本社をカナダのモントリオールに置いており、株式はトロント証券取引所(BBD)で取引されています。2016年12月31日を締日とする会計年度では、163億ドルの収益を計上しました。お知らせや情報はbombardier.comでご覧になるか、Twitterで @Bombardierをフォローしてください。

編集者への注記
– CS300の航空機の画像は、 www.bombardier.com のニュースリリースに掲載されています。
– CS300の航空機の背景説明は、BCA Media Hubでご覧いただけます。
– エジプト航空に関する情報は、こちらをご覧ください: www.egyptair.com
– Twitterで @BBD_Aircraftをフォローして、ボンバルディア・コマーシャル・エアクラフトの最新情報をご覧ください。
– プレスリリースを入手したい場合は、ボンバルディアのウェブサイトのRSSフィードのセクションをご覧ください。
– Bombardier(ボンバルディア)、CS100、CS300、C Series(Cシリーズ)は、Bombardier Inc.又はその子会社の商標です。

編集者への注記:
本プレスリリースには写真があります。本プレスリリースに関する写真をご覧になるには、次のリンクを訪れてください: リンク

お問い合わせ
連絡先:
Nathalie Siphengphet
広報・メディア担当シニアアドバイザー
ボンバルディア・コマーシャル・エアクラフト
+1(450) 476-5792
nathalie.siphengphet@aero.bombardier.com
www.bombardier.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す