農林水産業分野の事業承継問題と金融アンバランスの解消を図るための「事業性評価書」を提供する新会社の設立 – エキサイトニュース

Home » 06財務・会計 » ABC/ABM » 農林水産業分野の事業承継問題と金融アンバランスの解消を図るための「事業性評価書」を提供する新会社の設立 – エキサイトニュース
ABC/ABM, 財務諸表 コメントはまだありません



株式会社三友システムアプレイザル(本社:東京都千代田区、代表取締役:吉村 昌晴)は、農林水産業分野での事業性評価を目的とした新会社、株式会社事業性評価研究所(仮称)(本社:東京都千代田区、代表取締役:井上 明義)の年内設立を目指します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/135826/LL_img_135826_1.jpg
事業性評価書

【新会社設立の目的】
株式会社三友システムアプレイザルは、金融機関向けの不動産担保評価を中心に全国の不動産鑑定評価・不動産調査・機械設備等の動産評価を展開する、取扱い件数では国内最大の資産評価会社です。
今回設立する新会社では、農林水産分野を新たな事業領域とし、農林水産業分野の事業承継の問題と金融アンバランスの解消を図るため「事業性評価書」の提供を開始します。これまでの財務諸表をベースにした定量的な評価手法ではなく、理解され難いとされてきた農林水産業の事業内容を、大学・研究機関の研究者などの協力を得て定性的に評価していくことで、事業承継する側とされる側、融資する側とされる側、双方にとって有益な「事業性評価書」を提供し、農林水産業分野での新たな市場の創造を目指します。なお取引先様向けの事業説明会は(2017年9月7日午後、東京大手町)にて実施する予定です。

事業の詳細は以下のURLからご確認ください。
http://www.sanyu-appraisal.co.jp/information/

【新会社の概要】
商号 : 株式会社事業性評価研究所(仮称)
代表者 : 代表取締役 井上 明義
所在地 : 〒102-0093
東京都千代田区平河町1丁目2番10号 平河町第一生命ビル4F
設立 : 2017年秋予定
事業内容: 農林水産業分野における事業性評価
決算期 : 3月
株主構成: 井上 明義、三友システムアプレイザル、ほか

【三友システムアプレイザル 会社概要】
商号 : 株式会社三友システムアプレイザル
代表者 : 代表取締役 吉村 昌晴
所在地 : 〒102-0093
東京都千代田区平河町1丁目2番10号 平河町第一生命ビル4F
設立 : 1980年5月
事業内容: 不動産鑑定評価・不動産調査・動産評価・建物現況検査
資本金 : 10,000万円
URL : http://www.sanyu-appraisal.co.jp/

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す