安江工務店決算、営業損失2200万円に – リフォーム産業新聞

Home » 06財務・会計 » ABC/ABM » 安江工務店決算、営業損失2200万円に – リフォーム産業新聞
ABC/ABM, 財務諸表 コメントはまだありません



安江工務店決算、営業損失2200万円に

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

リフォーム事業、単価下落で利益40万円

 安江工務店(愛知県名古屋市)は11月10日、第3四半期決算を発表した。売上高は25億9200万円。営業損失が2200万円。経常損失が3800万円。純損失が2900万円。なお、2017年12月期第3四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を制作しているため前年同期増減率はなし。

 主力の住宅リフォーム事業は19億4400万円。セグメント利益は40万円だった。ウェブでの集客を強化したことで問い合わせ件数は28%増の851件となった。「西海岸」をテーマにしたデザインに特化したリノベーション「beauxarts(ボザール)」や外壁塗装の専門部署を新設するなどして提案力を強化した。しかし、競合が多く平均受注単価が減少したため想定していた受注高、売上高に届かなかった。大口顧客案件の粗利益率が低下したことも影響した。

 新築事業は17棟の引き渡しで、売上高は4億5700万円で計画通りだったが部材費用の高騰を販売価格に転嫁できず、セグメント損失は1300万円となった。

 買取再販を手掛ける不動産流通事業は売上高が1億9000万円となったが、人員補充による固定費が増加しセグメント損失は900万円となった。

 通期計画は売上高36億7300万円。営業利益5200万円。経常利益3600万円。純利益1800万円。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す