秋田の風力 地元資本で – 日本経済新聞

Home » 06財務・会計 » 秋田の風力 地元資本で – 日本経済新聞
06財務・会計, プロジェクト・ファイナンス コメントはまだありません



 秋田県内で全額地元企業が出資する風力開発が加速してきた。中小企業6社などが出資した特別目的会社(SPC)が10月、潟上市で大規模発電所を着工する。能代市や男鹿市でも2016年に県内資本のSPCによる風力発電所が稼働した。いずれも県内地銀2行がプロジェクトファイナンスなどで支援する。風況の良さから風力開発が盛んな秋田で、地域内で経済を循環させる仕組みが整ってきた。

 SPCのA―WIND ENERG…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す