上場廃止から半年、アコーディア・ゴルフは今どうなっている? – 投信1

Home » 06財務・会計 » 上場廃止から半年、アコーディア・ゴルフは今どうなっている? – 投信1
06財務・会計, キャッシュフロー コメントはまだありません



シンガポールに上場しているAGTの業績から紐解く

ゴルフシーズン到来

9月も半ばを過ぎ、これからは暑くも寒くもなくゴルフをするには最適なシーズンとなります。ちなみに、ゴルフ場のプレーフィーは、1年のうち5月・6月と10月・11月が最も高いと言われており、ゴルフ場の経営にとって非常に重要な時期でもあります。

そこで気になるのが、最近ゴルフ場の経営がどのようになっているかです。今回は、日本のゴルフ場運営の最大手であるアコーディア・ゴルフを所有するアコーディア・ゴルフ・トラスト(以下、AGT)の2018年3月期第1四半期決算を通して見ていきたいと思います。

続きを読む



参考記事

アコーディア・ゴルフ・トラスト(AGT)とはどのような会社か

アコーディア・ゴルフは知っているがAGTは知らないという方が多いかもしれませんが、それは無理もないことです。というのは、AGTは日本では上場しておらず、2014年8月からシンガポール証券取引所だけで取引されているビジネストラストだからです。

ビジネストラストは、J-REITなどの不動産投資信託と類似した投資信託で、不動産の代わりにゴルフ場という事業に投資を行い、そこから得られるキャッシュフローを投資家に分配する仕組みです。

AGTが投資するゴルフ場は、2017年3月まで東証1部に上場していたアコーディア・ゴルフがアセットライト戦略の一環として2014年にAGTに売却した89のゴルフ場(注)です。これは当時のアコーディア・ゴルフが持っていたゴルフ場全体の7割弱に相当します。

注:このうち約70%は3大都市圏(首都圏、中京圏、関西圏)に位置しており、AGTのゴルフ場の鑑定価格の総額は2016年12月31日時点で1,509億円となっています。

つまり、皆さんが日本のアコーディア・ゴルフで使うプレーフィー、昼食代、練習場代、ゴルフ用品などの収益から得られるキャッシュフローが、シンガポールに上場しているAGTの投資家に分配金として支払われる仕組みになっているのです。

参考記事

あわせて読みたい

和泉 美治
同志社大学文学部卒業後、エルコインターナショナル (現:京セラエルコ) に入社。英国バーミンガム大学にてMBA取得。

その後UBSフィリップスアンドドリュー証券 (現:UBS証券) に入社し、調査部にてエレクトロニクスセクターを担当。2002年より2013年までJ.P.モルガンにて産業用エレクトロニクス及び民生エレクトロニクスセクターを担当。

日本証券アナリスト協会検定会員。

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す