レノバ、四日市で21MWのメガソーラー、南阿蘇で地熱調査も – 日経テクノロジーオンライン

Home » 06財務・会計 » レノバ、四日市で21MWのメガソーラー、南阿蘇で地熱調査も – 日経テクノロジーオンライン
06財務・会計, プロジェクト・ファイナンス コメントはまだありません



「四日市ソーラー発電所」のイメージ

(出所:レノバ)

[画像のクリックで拡大表示]

 レノバは2017年8月29日、三重県四日市市で計画している出力約21.6MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業「四日市ソーラー発電所」に対し、プロジェクトファイナンスを組成したと発表した。

 同発電所は、森林を含む約68haに建設する。三重県環境影響評価条例に基づき、2015年3月から2016年11月まで21カ月間、環境影響評価を実施した。同条例がメガソーラー事業に適用されたのは、今回は初めてとなるという。同社などが出資する合同会社が事業主体となる。

 プロジェクトファイナンスは、三井住友信託銀行を主幹事とし、融資契約を締結した。シンジケートには、三重銀行も参加する。2019年3月の運転開始を予定し、年間に約2430万kWhの発電量を見込み、これは一般家庭6750世帯の年間使用電力量に相当する。

 また、レノバは2017年8月29日、熊本県阿蘇郡南阿蘇村湯の谷での地熱開発に関し、熊本県知事から掘削許可を受け、同地域で地熱資源量把握のための構造試錐井の掘削を開始すると発表した。
 
 同地域での地熱開発は、レノバのほか、フォーカス(東京都港区)、デナジー(東京都品川区)の3社による共同事業。今回の掘削により、井戸の特性や地質を分析して地熱資源量を評価し、今後の開発計画を立案する。なお、温泉モニタリングは調査エリアの外周部で他の開発事業者とともに2015年度から実施しているという。

 地熱開発に関しては2016年10月、北海道函館市においても掘削調査を行うと公表している。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す