便の中の薬剤耐性菌、15分以内に目視確認 阪大病院の研究グループが検出方法開発 – 株式会社CBnews (会員登録)

Home » 06財務・会計 » 便の中の薬剤耐性菌、15分以内に目視確認 阪大病院の研究グループが検出方法開発 – 株式会社CBnews (会員登録)
06財務・会計, CRE コメントはまだありません



 日本医療研究開発機構(AMED)と大阪大は、同大医学部附属病院の研究グループが薬剤耐性菌のカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)を迅速・簡便に検出する方法を開発したと発表した。CREの検出については、これまでは高価な機器が必要で判定時間も長かったが、研究グループが開発した方法では、便などの検体の耐性菌のDNAを増幅させた後、15分以内に目視で確認できるという。【新井哉】
【関連記事】

 CRE感染症は、感染症治療薬の“最後の切り札”とされるカルバペネム系抗菌薬などに耐性を示す腸内細菌科細菌による感染症の総称。肺炎などの呼吸器感染症、尿路感染症、手術部位や外傷部位の感染症、敗血症、髄膜炎などを起こす。CRE感染症と診断した医師は7日以内に最寄りの保健所に届け出る必要がある。

 CREの伝播防止は、臨床に限らず、公衆衛生学的にも最重要課題となっているが、検査用の機器を持つ医療機関は大学病院などに限られており、医療機関から地方衛生研究所に検体を送っても検出結果が届くまで時間がかかり、院内の対策が後手に回っているのが実情だ。

 同病院の明田幸宏講師、朝野和典教授らの研究グループは、こうした状況を改善するためには、CREを従来の方法よりも早く、簡単に検出する方法が必要と判断。AMEDの感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)の一環として検出方法の開発に取り組んだ。

 研究グループは、便を検体として使う方法を選び、ターゲットとなる遺伝子に対し、標本となる一本鎖DNAを結合させて増幅させ、検出用ストリップで確認できるようにした。

 複数の検体サンプルを混合しても判定が可能で、低コストで複数の患者の保菌状態を確認できるという。研究グループは「日本国内に限らず海外でも利用できる検出方法。発展途上国などの十分な設備が整っていない環境においても、容易にCREに対する感染対策、伝播防止につなげることが可能となる」としている。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す