東芝、三菱UFJの経営状態を読み解く。今さら聞けない会計用語「営業キャッシュ・フロー」とは何か? – ハーバー・ビジネス・オンライン

Home » 06財務・会計 » 東芝、三菱UFJの経営状態を読み解く。今さら聞けない会計用語「営業キャッシュ・フロー」とは何か? – ハーバー・ビジネス・オンライン
06財務・会計, キャッシュフロー コメントはまだありません



 JAL、スカイマークの経営破綻にシャープの債務超過、東芝の不適切会計と巨額の減損損失。名だたるかつての日本の優良企業が沈んでしまう例は珍しくなくなってきた。それではどういう状態になれば企業は経営破綻して再生支援案件になったり、他企業に買収されるのだろうか……答えは「企業のキャッシュが尽きたとき」だ。

 上場企業が提出する有価証券報告書の中には、そんな企業のキャッシュの動きについて営業・投資・財務の観点から記録した「キャッシュ・フロー計算書」が記載されている。

 現役の東京大学経済学部生にして決算書や各種統計データを読み込み、世間を騒がせるニュースな企業の実態を暴き出し、そのノウハウをまとめた新刊『東大式 スゴい[決算書の読み方]』を3月12日に上梓する大熊将八氏がその読み方を徹底解説した。


「キャッシュ・フロー計算書」は以下の3つからなる。

・「営業活動によるキャッシュ・フロー(営業CF)」……本業の稼ぎによって入ってきたお金と出ていったお金の差し引き

・「投資活動によるキャッシュ・フロー(投資CF)」……資産や企業の売却で得たお金と資産の取得や企業の買収によって出ていったお金の差し引き

・「財務活動によるキャッシュ・フロー(財務CF)」……株式市場や銀行から集めて入ってきたお金と、市場に還元したり銀行に返済して出ていったお金の差し引き

 このうち投資CFと財務CFに関しては、構成要素も少なく、投資活動と財務活動によるお金の出入りなのだと直感的にもわかりやすいが、営業CFに関しては、本業の稼ぎってなんだ?と、疑問が生じるかもしれない。しかし、キャッシュ・フロー計算書の中でも最も役立つ指標がこの営業CFだ。その構成要素についてもう少し詳しく見てみよう。営業CFとはとは、

「営業活動によるキャッシュ・フロー(営業CF)」
≒「純利益」+「減価償却費や減損損失(現金支出の伴わない費用)」+「仕入債務の増加(未払いの費用)」
ー「売上債権の増加」ー「棚卸資産の増加」ー「賠償金や違約金」

であるとざっくり説明できる。

 純利益とは売上高から製品を作る原価や人件費や広告費などの販管費、その他の特別損失や税金を引いて残った最終的な利益のことである。では、純利益=営業CFかというとそうではない。純利益を押し下げる要因には、資産の「減価償却費」や「減損損失」が含まれている。



次ページ会計上の損失は実際にお金を払うわけではない


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す