インテリジェントポンプ – ARC Advisory Group (プレスリリース) (ブログ)

Home » 06財務・会計 » インテリジェントポンプ – ARC Advisory Group (プレスリリース) (ブログ)
06財務・会計, 収益性分析 コメントはまだありません



インテリジェントポンプを効率改善に活用

ARCは、ビルオートメーション、化学、石油ガス、石油精製、食品飲料、医薬バイオ、紙パルプ、金属、鉱業、発電、プラスチック・ゴム、水処理の各分野にわたるプロセス産業に対するインテリジェントポンプの世界市場を調査した。報告書では、ダイヤフラムポンプ、水中ポンプ、セントリフューガルポンプ、注入ポンプ、計量ポンプ、容積式ポンプの6つのポンプタイプについての数量的分析を提供している。

高いエネルギ価格は、製造企業に費用コントロールのためにより実のある努力をすることを余儀なくさせている。ポンプシステムにおいては、エネルギ費は全ライフサイクル費用の3分の1以上にもなる。ポンプシステムがエネルギ多消費の性格を持つので、インテリジェントポンプの省エネルギ性という利点は、その市場の伸びに大きく寄与するものである。組込型の設備管理機能は、手作業によるデータ収集や検査の安価な代替手段となるので、これまで以上に好まれるようになってきた。

プロセス運転の運転効率向上と生産最適化強化を目的としたソリューションは、成熟した技術である。90%以上の運転が、生産を強化(または拡大)するために何らかの形のポンプ製品に依存していることは確かである。しかしながら、多くの文化的な問題や導入に伴うセンサの増加が故障する可能性の生じる箇所の増加や信頼性の問題を生じるのではないかといった懸念などから、インテリジェントポンプの導入は遅々としている。

ユーザにとって魅力がある-特に、稼働率やパフォーマンスの向上が期待でき、ROIの改善・全体運転費の削減・生産量増加・EOR改善・収益性改善につながる-ので、インテリジェントポンプ市場はより堅調なペースで今後伸びるとARCは見ている。

市場データワークブック(Excel形式:データのみ)、市場分析レポート(PDF形式:テキスト中心)、および、図表付き市場分析レポート(PDF形式)の3種類があります。

英文ページ: Intelligent Pumps Global Market Research

英文カタログ:Intelligent Pumps


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す