ケネディクス—3Q営業利益が2ケタ増、アセットマネジメント事業と不動産 … – まぐまぐニュース!

Home » 06財務・会計 » ケネディクス—3Q営業利益が2ケタ増、アセットマネジメント事業と不動産 … – まぐまぐニュース!
06財務・会計, アセットマネジメント コメントはまだありません




ケネディクスは13日、2017年12月期第3四半期(2017年1~9月)連結決算を発表した。営業収益が前年同期比6.5%増の187.06億円、営業利益が同10.3%増の86.69億円、経常利益が同3.6%減の84.45億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同9.7%減の77.89億円となった。

アセットマネジメント事業の営業収益は前年同期比18.0%増の77.38億円、営業利益は同16.1%増の50.41億円となった。受託資産(AUM)が拡大したことに伴い運用報酬であるアセットマネジメントフィーが増加した他、取得報酬であるアクイジションフィーや成果報酬であるインセンティブフィーが増加した。

不動産管理事業の営業収益は前年同期比12.5%増の20.27億円、営業利益は同23.3%増の6.32億円となった。プロパティ・マネジメント事業や内装工事事業の収益が順調に拡大した。

不動産運営事業の営業収益は前年同期比6.9%減の25.82億円、営業損失は1.19億円(前年同期は0.18億円の利益)となった。サービスオフィス事業の業績は比較的堅調に推移したものの、サービスアパートメント事業における運営物件の減少や修繕による稼働貸室数の減少等が影響した。

不動産投資事業の営業収益は前年同期比3.6%減の66.99億円、営業利益は同0.1%減の38.73億円となった。不動産売却収入及び受取配当金収入が増加する一方、匿名組合分配損益が減少した。

2017年12月期通期の連結業績予想については、営業収益が前期比5.5%増の240億円、営業利益が同14.4%増の109億円、経常利益が同0.6%増の107億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同3.4%増の105億円とする期初計画を据え置いている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す