インド株式市場・引け=下落、インフレ懸念で – ロイター

Home » 06財務・会計 » インド株式市場・引け=下落、インフレ懸念で – ロイター
06財務・会計, アセットマネジメント コメントはまだありません



 [14日 ロイター] - インド  終値 前日比 % 始値 高値 安値 SENSEX指数 32,941.87 - 91.69 - 0.28 32,990.03 33,126.55 32,907.11 前営業日終値 33,033.56 NSE指数<.NSEI 10,186.60 - 38.35 - 0.38 10,223.40 10,248.00 10,175.55 > 前営業日終値 10,224.95 インド株式市場は下落。インドの10月の消費者物価指数(CPI)上昇率が7カ月
ぶりの高水準となったことを受けて、12月利下げの可能性が一段と低下したことが、株
価一服の背景にある。 インド政府が13日発表した10月のCPIは食品、燃料製品の価格上昇加速を受け
て、前年同月比3.58%上昇した。 DBSグループ・リサーチは「インフレ率が2017年終盤までに目標の4%を試す
可能性や、18年に4%を上回る水準を維持する見込みがあることは、中銀が12月と1
8年を通じて政策金利の据え置きを続けるとのわれわれの見通しを強化する」と述べた。 トーラス・アセット・マネジメントのR・K・グプタ氏は「株価は現在、調整局面に
入っていると思われる」と述べた。また「今のところ、株価に大きな上昇余地も下落余地
も見当たらない。そのため、四半期末の株価は狭いレンジで推移すると思う」と語った。 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります) 
私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

こんな記事もよく読まれています





コメントを残す