歴史的16連騰は実力か?身のほど知らずのバブルなのか? – ZDNet Japan

Home » 06財務・会計 » 歴史的16連騰は実力か?身のほど知らずのバブルなのか? – ZDNet Japan
06財務・会計, PBR(株価純資産倍率)/PER(株価収益率) コメントはまだありません



今日のポイント

  1. 日経平均は「16連騰」と歴史的な連続上昇を記録。アベノミクス相場で株価は2倍強となり、「既にバブル圏」との警戒も。そこで過去35年の「バブル相場」と比較
  2. 日本株はもう割高? TOPIX(東証株価指数)の予想PER(株価収益率)は15倍台、予想PBR(株価純資産倍率)は1.3倍台で過度の割高感はない。なお、日経平均ベースの予想EPSは2013年初来で約2.3倍と拡大

 これら2点について楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

アベノミクス相場で日経平均は約2倍に

 日経平均は今週、24日に史上初の「16日連騰」を記録した。世界の景況感改善、Trump政権の税制改革期待、米国株価の堅調、ドル/円が一時114円台に乗せる円安基調が主因である。

 連日の株価上昇で、日経平均の200日移動平均線とのかい離率は、一時プラス11.4%まで上昇(24日ザラ場)。高値警戒感も出ている(図表1)。そのため、利益確定売りは出やすく、目先のスピード調整は健全とみられるが、歴史的な連続上昇の後だけに、株価下落を意識する市場参加者が増える可能性はある。

 ただ、ファンダメンタルズをめぐる見方が大きく変化しない限り、今般の強気相場がすぐに終わりを迎えるとするのは早計だろう。

 アベノミクス相場により、日経平均は2012年末以降から見ると約2倍となった(2012年末の1万395円→10月24日の2万1805円で110%増)。

 この原動力として、日経平均ベースの予想EPS(1株当たり利益)が2.3倍となってきたことに注目したいと思う(2012年末時点の予想EPSは611円→10月20日時点は1431円で134%増)。



図表1:日経平均と200日移動平均線の推移


出所:Bloombergのデータから楽天証券経済研究所作成(2017年10月26日)


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す