【再考】ランボルギーニ・ウルスの原点「LM002」。《動画:LM002 対 カウンタック》 – MotorFan[モーターファン] (プレスリリース)

Home » 05人事・人材開発 » 【再考】ランボルギーニ・ウルスの原点「LM002」。《動画:LM002 対 カウンタック》 – MotorFan[モーターファン] (プレスリリース)
05人事・人材開発, ハイパフォーマー コメントはまだありません



  • 2017/10/13
  • MotorFan編集部

ランボルギーニ初のSUV「LM002」とは如何なる存在だったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Lamborghini LM002

今年の12月4日、ランボルギーニは新型スーパーSUV「ウルス」を発表する。しかし、これは彼らにとって初めてのSUVではない。その前に伝説の「LM002」というモデルがあった。ウルスの正式デビュー前だからこそ振り返りたい、その存在とは?

ランボルギーニは、予てから公言しているように、今年の12月4日にスーパーSUV「ウルス」を発表する予定だ。CEOのステファノ・ドメニカリは、「これまでに例のない、ウルトラ・ハイパフォーマーなSUVになる」と発言しているが、実のところ、こうしたスーパーSUVはランボルギーニにとって初というわけではない。

それが「LM002」である。そして、その原点となるのは、1970年代に開発された軍用オフロード車の「チーター」。当時、ランボルギーニのエンジニアを務めていた、ジュリオ・アルフィエリが1981年にこのプロジェクトを復活させ、リヤエンジンという革新的なコンセプトのLM001を開発し、その後パワートレインを前方に配置したプロトタイプのLMAと続いた後、1986年のブリュッセル・モーターショーで「LM002」がデビューした。しかも最終的に搭載されたエンジンは、カウンタック・クアトロバルボーレと同一のV12ユニットである。

このLM002は、アルミニウムとファイバーガラス製の車体に四輪駆動トランスミッション、トランスファー、3つの自動式デフロックを備え、200km/h以上の最高速度を実現しながらも、120%を超える勾配にも対応した、当時でも珍しいほどの怪物的存在。専用タイヤ(特別に開発されたピレリ社スコーピオンタイヤ)を装着することにより、砂の上でも走行できるうえ、高温の中においても優れた耐久性を見せた。車体はスペインのビルバオ近くの会社で生産され、半分組立された状態でサンタアガタ・ボロネーゼに送られた後、パワートレインなどの機械部品と組立て、仕上げや検査を経て出荷された。

発売当時、スーパースポーツカーにも引けを取らない性能や高度なオフロード性、しかも圧倒的な存在感で高い注目を集めたことから、1986〜1992年の間に合計300台が生産された。

12月4日にデビューする「ウルス」も、そのLM002と同様に卓越したパワーとトルク、独特のデザインと際立った存在感で、唯一無二の“スーパーSUV”カテゴリーを開拓するはずだ。ウルスは、抜群の走行性能に、パフォーマンスはもちろん、ラグジュアリー性を強調しながら、LM002と同様に、砂地を含むオフロードにおいても卓越した性能を発揮すると、ランボルギーニは主張している。

Cheetah & LM 002

【動画】ランボルギーニ LM002 対 カウンタック・クアトロバルボーレ

Lamborghini LM002 VS. Countach Quattrovalvole

自動車業界の最新情報をお届けします!


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す