鹿島、後半4発で新潟に逆転勝ち Jリーグ – 日本経済新聞

Home » 05人事・人材開発 » 鹿島、後半4発で新潟に逆転勝ち Jリーグ – 日本経済新聞
05人事・人材開発, コーチング コメントはまだありません



 意外なところに難関があった。3試合続けて無失点勝ちを収めてきた首位鹿島が、13戦も白星のない新潟に2点を先行された。心にスキができそうな条件であるのは確かだが、前半の開始早々と終了間際に失点するのは鹿島らしくなかった。

 「立ち上がりが大事だと意識させてきたのに、危機感を持ってプレーする新潟に対し、受け身になってしまった」と大岩監督は振り返る。相手の出足の鋭さに苦しんだのは、パスを受ける前の準備の怠りにも起因する。

 それは守備にも言えることで、CB昌子は「失点はコーチング一つで防げたもの」と話した。その緩さを断ち切り、後半、別のチームになってみせたところに鹿島のタフさがある。

 ハーフタイムに大岩監督は「目を覚まさせるため、ここでは言えないような言葉を掛けた」。ベンチの小笠原が「勝ちたいという気持ちで相手に負けている」と思いをぶつけたという。

 ピッチに立つ者の責任感を自覚したことが後半の猛攻に表れたのかもしれない。囲い込みの厳しさ、攻守の切り替えの速さを取り戻し、優位に立った。CKでヘディングシュートを決めたことに始まるレアンドロの3得点。なおも力を緩めず金崎のPKで加点。「倍返し」という言葉を思い出させる王者の厳しさだ。

 だが、当然のように選手の口から反省の弁が漏れる。「浦和やG大阪が相手では逆転できなかった。チームとしての未熟さが出た」と昌子。そこに「つまり、まだ成長できる余地があるということ」と付け加えるところがにくい。総力をあげて勝ったからこそ、幹を太くできる。(吉田誠一)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す