水原希子さんプレモルCMにヘイト殺到、あなたも他人事ではない【勝部元気のウェブ時評】 – エキサイトニュース

Home » 05人事・人材開発 » 水原希子さんプレモルCMにヘイト殺到、あなたも他人事ではない【勝部元気のウェブ時評】 – エキサイトニュース
05人事・人材開発, エンパワーメント コメントはまだありません



女優・モデルの水原希子さんを起用しているサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」の公式Twitterアカウントの投稿に対して、たくさんの差別・ヘイト投稿が寄せられていることが発覚して、問題となっています。

水原さんは、父親=アメリカ人、母親=韓国人で、アメリカテキサス州ダラスに生まれて、兵庫県神戸市で育った方とのことですが、レイシストにはそのようなバックグラウンドが気に食わないのか、「エセ日本人」「日本人を起用しろ」等の差別・ヘイトを飛ばす人が後を絶ちません。あまりに酷いのでリンクを張るのは避けますが、中にはサントリーに対して不買運動を宣言する人まで出ており、非常に醜い状態を晒しています。

ですが、それらの差別的投稿へのTwitter社の削除対応が追いついていないのか、今でも普通に見ることができてしまいます。これは大変由々しき事態と言えるでしょう。日本のTwitterは以前から差別・ヘイトの温床と言われていますが、一刻も早く削除とアカウント凍結を実行するべきです。

グローバル企業になりたいならヘイトと戦え

サントリーも2014年に米ウイスキー大手のビームを買収して、グローバル企業への脱皮をゴリゴリと進めている段階です。ですから、当然このような差別・ヘイトに怯んではいけません。むしろTwitter社に対しても広告主の立場から苦情を言う権利があると思います。

また、日本ではブランドイメージを気にして「リスクのあるタレントはCMに起用しない」という決断をする企業も少なくはないと思うのですが、それは差別・ヘイトに屈したことの証であり、絶対にやってはいけないことです。当然しないとは思うのですが、万が一サントリーCMの担当者が今回の一件で水原さんの起用をやめる愚行を犯せば、先月炎上した「頂」のCMの比ではない批判が殺到することでしょう。

一方、とても意外なことなのですが、今回の差別・ヘイトが起こったことで、逆に水原さんを起用しているザ・プレミアム・モルツに対する好感度が上がった人が少なくないようです。検索してみると、おそらく水原さんのファンではない方々が、ザ・プレミアム・モルツを買って応援する等の内容の投稿をしているのをいくつか見かけます。このような副次的効果も決しては見逃してはいけないでしょう。

水原さんのエンパワーメントは素晴らしい

冒頭で紹介したように、水原希子さんは、日本社会ではまだ珍しいグローバルなバックグラウンドがあるため、人とは違った苦労もしてきたのだろうことは想像に難くありません。ですが、彼女は単に自分が苦労しただけに留まらず、自分の感じた苦悩を他の人には味わって欲しくないという強い意志を持っているように見えます。

たとえば、2016年10月14日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、「いろんな差別がなくなればいいのにって心から思っています」「自分だけにしかない魅力を皆さんに見つけてほしい。早く差別のない時代になって欲しいし、そのために私は強く生きてる姿勢を見せなきゃ」と述べたとのことです。

苦悩を味わう人はたくさんいます。でも、「自分が感じた苦悩を他の人は味わって欲しくない」という想いから、その社会的課題を解決することを自分の使命のように捉えて、新しい社会的ビジョンを掲げて人々に向けて発信し、人々のエンパワーメントをできる人は本当に稀です。そういう人が真の「リーダー」だと思うのです。

一連の発言を見る限り、水原さんは超売れっ子の「スター」であるに留まらず、「リーダー」の素質もあるように感じました。最近、私のことを応援してくださる人から彼女のファンだという声を聞くことが少なくないのですが、今回水原さんの過去の発言等を調べてみて非常に納得しました。彼女が日本の芸能界にとって稀有な存在であることは間違いなさそうです。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す