潜在的な痴漢は10万人以上いる!? 痴漢撲滅を目指すのに必要なことは – 日刊アメーバニュース

Home » 05人事・人材開発 » 潜在的な痴漢は10万人以上いる!? 痴漢撲滅を目指すのに必要なことは – 日刊アメーバニュース
05人事・人材開発, ストレス・マネジメント コメントはまだありません



 見知らぬ男女がスシ詰めの満員電車。世界的に稀有なこの異常空間を背景に、日本は世界一の痴漢大国だ。何度捕まってもやめられない常習者から、痴漢として認知されないグレーゾーンを攻めるビギナーまで、その数は凄まじい。

 法廷で検察官に本気で怒鳴られた経験のある人は滅多にいないだろう。加納裕司氏(仮名・43歳)は、電車内での痴漢行為がもとで過去に3回刑務所に収監された経歴を持つ、筋金入りの常習者だ。

「忘れもしません。3回目の実刑を打たれた裁判で、私が証言台に立ったときのことです。『あなた、女性を何だと思ってるんですか。裁判を何だと思ってるんですか。あなたは社会で相当迷惑な人になってるんですよ!』って大きな声で検察官に叱られましたよ。だけど、そんなこと言われたって仕方がないでしょう。知らないうちにスイッチが入ったみたいになって、無意識のうちにやっちゃうんですから」

 そううそぶく加納氏は、3回目の逮捕後、強制わいせつの罪で起訴された。第1回の公判までは保釈中の身としてシャバで暮らしていたのだが、この貴重な自由の期間中にも、何度も痴漢行為を重ねていたという。

「電車に乗っていると、痴漢をされたがっている女性というのがわかるんですよ。強打者はピッチャーが投げた球が止まって見えるっていいますけど、あの言葉、私にはわかる気がするんです」

 まるで痴漢の達人のような口ぶりの加納氏だが、逮捕されたのは第1回公判の1週間前。担当弁護士は、「これじゃ反省していないと思われても仕方がない」と頭を抱え、検察官は冒頭の怒鳴り声を発したという次第だ。

「『今後はもう決して電車に乗らないと誓ってください』と裁判官に促されたので、そのようにちゃんと宣誓したのですが、結局は実刑判決を食らいました。ちょっと量刑が厳しすぎて納得できない、おかしな裁判でした」

 反省の色はゼロ。現在は派遣社員としてマジメに働いているというが、彼はきっとまた再犯するだろう。彼がここまで痴漢にのめりこむ理由とは何なのか……。

◆痴漢されたいという歪んだ妄想と現実

 痴漢として逮捕されれば大きな社会的制裁を受けるし、家族の絆にもヒビが入る。リスクを軽々と踏み越えてまで、なぜ彼らは犯行に走るのか。痴漢の心理に詳しい精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏によれば、痴漢には特有の歪んだ女性観があるという。

「例えば、『露出の多い服を着ている女性は性欲が強く、痴漢されたがっている』『車内で寝ていたり酔って前後不覚になったりして隙が多い女性は触られたがっている』『女性は男性から痴漢されることで性的満足を得るものだ』などと彼らは考えます」

 痴漢されたのは女性の側に責任があり、男性には罪がない。日本社会に今も根付いている男尊女卑的な性差別文化を暴走させた発想だが、要は、性的幻想(ファンタジー)である。だが、痴漢たちは自分の行為を正当化するロジックが幻想であることを自覚しないままに、さらにそれを進化させ、こじらせていく。

「電車に座っている女子高生8人組を、男がじっと凝視していたとします。彼女たちは男の視線に気づいて別の車両に移動しますが、1人だけスマホに熱中していてそのまま座っているコがいました。このとき、痴漢は『俺がジロジロ舐め回すように見ていて気持ち悪いからみんなどこかにいってしまった』と考えます。この認識は正しい。ですが、残っている1人については、『このコだけは俺に痴漢されたくて残っているんだな』と本気で思ってしまう。そして実際に触って逮捕されてしまいます」

 本人としては「OKと言ってたはずなのにどうして?」と納得できず逆ギレすることもあるという。

◆痴漢に走る前兆

 こうした人間を野放しにしておいては危険だと誰しも思うはず。だが斉藤氏によれば、痴漢を異形のモンスターのごとく特別な存在として捉えることは、痴漢撲滅を目指す上で適切ではないという。

「自分が痴漢なんてやるはずがないと思っている人でも、いつか突然痴漢をやってしまう可能性はあります。痴漢を見つけたら普段はストップさせる側だった人が、ある日を境に痴漢をやる側になったケースすらあります。痴漢の最も一般的な類型は、大卒で妻子のある働き盛りの会社員。奥さんが『痴漢さえしなければ、いい人なんです』と嘆くような、ごく普通の男性たちなんです」

 すべての男性は、痴漢のリスクを内在しており、ささいなきっかけで痴漢行為にハマっていく可能性があるのだという。

「たとえ犯罪化していなくても、電車の揺れのドサクサにまぎれて肘や二の腕などで女性の体に接触するような潜在的な痴漢は実はたくさんいます。常習者の多くはまずこれを習慣的に繰り返し、次は手の甲で意図的に触る。ここで咎められなかったという成功体験を得ると、『意外と簡単にできる』ことを発見してしまいます。それを毎日やっているうちに刺激が足りなくなり、やがて手のひらで触るようにエスカレートしていきます」

 満員電車に揺られていて、偶然女性の乳房の柔らかさに触れてしまった経験を持つ男性は少なくない。そこから本物の痴漢に堕ちていくプロセスは、誰にとっても他人事ではないと斉藤氏は言う。

「満員電車という匿名性の高い非日常的空間がまずあって、そこに、職場で不当に扱われたり適切な評価を受けられなかったり、家庭での存在意義を見いだせなくなるなどのストレスが加わることで、痴漢行為に踏み出してしまう。その前後には、行き場のない気持ちを紛らわせるため、自慰の回数が増える傾向があります。平均すると一日あたり2~4回、1週間では20回ほどに達する人もいます」

 この異常な射精回数は、彼らの魂の哭き声かもしれない。

◆潜在的痴漢の存在は10万人を超える!?

 満員電車とストレスフルな生活は、多くの会社員の日常であり、誰もが痴漢予備軍と言える。すでに一線を越えた潜在痴漢も含めて推計すると、その数は膨大だ。

「警察庁が発表した『痴漢事犯の検挙状況等の推移』によると、年間4250件という数字が出ていますが、これは氷山の一角。性犯罪被害者の9割以上が泣き寝入りしていることを考えれば、痴漢の実数は少なくとも10倍以上でしょう。痴漢だと悟られないよう肘を当てているような人も含めれば、10万人どころではないはずです」

 斉藤氏のクリニックでは痴漢常習者を「性依存症という病気である」と捉えて治療を行っている。

「我々が梅干しを見ると唾液が出るのと同じように、脳内に条件反射の回路が出来上がっている以上、彼らから痴漢の欲求がなくなることはありません。それを本人に自覚させ、自分でリスクマネジメントできるように訓練しています」

 痴漢を社会から隔離するよりもまずは、治療システムの整備が急務なのだ。

【斉藤章佳氏】

大森榎本クリニック精神保健福祉部長。12年間で約1000人の性犯罪者に対して日本で先駆的に治療プログラムを実施。その経験を基に、日本で初めて痴漢の実態に迫る著書「男が痴漢になる理由」を上梓。

取材・文/SPA!痴漢問題取材班

― もはや国民病!?[潜在痴漢10万人]の衝撃 ―

【関連記事】
自宅アパートで盗撮被害にあった20代女性が独白。生活が苦しいOLが狙われやすい!?
夏フェス会場で「痴漢・盗難」が多発。被害者たちの怒りの声
痴漢冤罪に巻き込まれたときの対処法 もし逮捕されたらどうすればいい?
「ツイッターの裏垢」で女子高生買春した元教諭…うまくいきすぎ、罪の意識に耐えられず自首
「新型痴漢」で満員電車の痴漢冤罪リスクが増加。対策は?




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す