ケルンのコルドバ「ストライカーを測るモノサシはゴール」 – Bundesliga – official website

Home » 05人事・人材開発 » ケルンのコルドバ「ストライカーを測るモノサシはゴール」 – Bundesliga – official website
05人事・人材開発, コーチング コメントはまだありません



ブンデスリーガで開幕2連敗と出遅れ、欧州リーグ(EL)開幕を前に一刻も早く悪い流れを断ち切りたいケルン。そんな状況下で期待を寄せられるのが、この夏にマインツから加入したFWジョン・コルドバだ。コロンビア出身の24歳がインタビューに応じ、移籍を決めた理由や現在のチーム状況、バイエルン・ミュンヘンに加入した同胞ハメス・ロドリゲスについて語った。

――ブンデスリーガのクラブはどこも素晴らしいサッカーをしています。その中でケルンへの移籍を決めた理由は?

コルドバ ケルンは長い伝統と歴史を持つクラブで、常にサポーターの後押しがある。そこが気に入ったんだ。それに、クラブ首脳陣とコーチングスタッフからは「是が非でも僕が欲しい」という思いを最初から感じていたしね。

――開幕からの2試合は思うような結果を得られませんでした。昨季のパフォーマンスを出せずにいる理由はどこにあるのでしょうか

コルドバ まだ2試合が終わっただけだし、僕らは冷静に見ている。開幕節のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦はいい内容だったしね。あの試合の前半、僕にビッグチャンスが回ってきた。あそこで決めていれば流れは変わっていたかもしれない。

――評論家はあなたのパフォーマンスを高く評価しています。自身の内容には満足していますか?

コルドバ 正直に言えばもっとやれると思う。ストライカーを測るモノサシはゴールであり、まだ僕は決めていないのだから。次の試合でゴールを決められるよう懸命にやっているよ。

――クラブ史上最高額となる移籍金で加入したことで、アントニー・モデステとの比較は避けられません。この高いハードルをどう乗り越えていくつもりですか?

コルドバ マインツに加入した時も当時のクラブ最高額だったから、そういうことには慣れているし、マインツでは結果を残すことができた。昨季のモデステは素晴らしかったし、ずば抜けていたのは疑いようがないけど、それに左右されることなく、「僕の獲得は正しかった」と証明できるようにしたい。

――ケルンは14日にELでアーセナル(イングランド)と対戦します。マインツ時代にもELに出場していますが、どんな戦いができそうですか?

コルドバ 素晴らしい一戦になるはず。どの選手もビッグクラブと試合をすることを望んでいて、実際にアーセナルというビッグクラブを引き当てた。ケルンも力のあるチームだから、それを発揮できるようにしたい。

――母国コロンビアを始めとする南米では、ブンデスリーガはどのような位置づけですか?

コルドバ ブンデスリーガは世界最高峰のリーグの一つだよ。コロンビアの人はサッカーが大好きだから、ブンデスリーガも好きだし、ドイツのサッカーをよく見ているよ。

――今夏はベネズエラのセルヒオ・コルドバ(アウクスブルク)、アルゼンチンのルーカス・アラリオ(レーバークーゼン)など、中南米から多くの選手がドイツにやって来ました。ブンデスリーガに早く順応する秘訣は何でしょう?

コルドバ 熱狂的なサポーターと立派なスタジアム、そして満員のスタンド。まずはこうした素晴らしい経験を楽しむことだね。全力を尽くす姿勢があれば、新しいクラブでもファンの心をすぐにつかむことができる。新しい環境で孤立しないことも大事かな。僕の場合は家族とガールフレンドがしょっちゅう来てくれて、何かと力になってくれたのが大きかった。それから、言葉だね。マインツではスペイン語の分かる選手が7、8人いて楽だった。

――ドイツ語はどうですか?

コルドバ そうだなあ、努力中だね(笑)。

――ブンデスリーガの今夏最大のビッグディールは、あなたと同胞のハメス・ロドリゲスがバイエルン・ミュンヘンにやって来たことです。コロンビアからあなたとハメスに続く選手は出そうですか?

コルドバ ハメスのおかげで、コロンビアでもブンデスリーガへの関心は高まるはずだ。ハメスのような選手がいるのは、そのリーグにとって非常にいいことだと思う。彼がコロンビアの人にブンデスリーガへの扉をさらに開いてくれることを願っているよ。

――グラナダ在籍時にスペインでもハメスと対戦していますが、彼の良さはどんなところですか?

コルドバ ものすごいクオリティーを持っている。彼が万全なら、誰も止めることができない。世界中のどのクラブにとっても彼は戦力アップにつながる選手だよ。

――目標としている今季のゴール数を教えてください。

コルドバ 僕はいつだってたくさんのゴールを決めることを目指しているよ(笑)。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す