「SUPER GTとの提携はDTMが生き残る絶好のチャンス」とドライバー – F1-Gate.com

Home » 05人事・人材開発 » 「SUPER GTとの提携はDTMが生き残る絶好のチャンス」とドライバー – F1-Gate.com
05人事・人材開発, コミットメント コメントはまだありません



SUPER GT ドイツツーリングカー選手権 スーパーGT DTM

アウディのドライバーであるジェイミー・グリーンは、日本のSUPER GTと提携することが、メルセデスの撤退を契機にドイツツーリングカー選手権(DTM)が生き残る絶好のチャンスだと語る。

昨年、メルセデスはフォーミュラEに集中するために2018年限りでDTMを撤退することを発表。2019年からDTMはアウディとBMWの2つの自動車メーカーの参戦しかいなくなる。

ジェイミー・グリーンは、DTMはメルセデスがいなくても生き残ることはできると楽観的に考えているが、SUPER GTとの統一ルールへの移行が実施されることを願っているとオートスポーツ・インターナショナルで述べた。

DTMとSUPER GTのGT500クラスは、共通の技術規定「クラス1(Class One)」を立案。2014年より同規定に基づいた車両でシリーズを行っている。現時点ではエンジン仕様が両シリーズで異なっており、DTMでは従来からのV型8気筒4,000ccを使用している。しかし、2019年シーズンからはDTM参戦車両もGT500クラス車両と同じ直列4気筒2,000cc直噴ターボへの切り替えを検討している。

DTMが2つのメーカーだけで生き残る可能性について質問されたジェイミー・グリーンは「それは何年間もやってきたことだ」とコメント。

「僕がDTMに初めて参戦したとき、3つのメーカーで1年を戦った。オペルがまだそこにいた。その後、彼らは撤退し、僕たちはアウディとメルセデスだけで数年間続けていた」

「なので、それは実現できるだろう。でも、僕たちの一番の望みは日本のSUPER GTシリーズとリンクしていくことだと思う」

「基本的に同じレギュレーションというコミットメントはある。僕たちは同じエンジンルールを採用する必要がある。現時点ではそうではない」

「僕たちは同じシャシーを使用しているし、ここ何年もクルマは基本的に日本で使用されているものと同じバックボーンでやってきた。エンジンルールが合意されれば、僕たちは同じルールでクルマを製造し、一緒にレースをする可能性がもっと多くなる」

ジェイミー・グリーンは、DTMで13シーズンを戦っている。最初はメルセデスに加入し、2013年にアウディに移籍。昨年までDTM以外のレースには出場していなかった。しかし、アウディで自身を確立したジェイミー・グリーンは、2017年にADAC GTマスターズと3戦のブランパンGPに参戦している。

「ずっと僕はちょっと一次元的だった。13年間DTMを戦い、最初の12年間は他のカテゴリーでは1レースもしてこなかった。メルセデスでは奨励されていなかったし、僕は許可されていなかった。他の仕事はマクラーレンかメルセデスGPに関わらず、メルセデスのF1に関係したものだった。そこでいくつか仕事をしていた」

「でも、アウディはもっと柔軟性がある。5年前にアウディに加入したときからGTでレースをする可能性はあったけど、競争的なDTMドライバーとして何度か優勝してアウディ内で自分自身を確立させるというのが僕の選択だった」

「去年、ブランパンGTで3レースして、その一つがスパ24時間だというオファーを受けたとき、それをするには正しいタイミングだと思った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: DTM(ドイツツーリングカー選手権) | SUPER GT




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す