米テスラ、ギガファクトリーで電池セル生産を本格稼動 – ロイター

Home » 04研究開発・生産・物流 » 米テスラ、ギガファクトリーで電池セル生産を本格稼動 – ロイター
04研究開発・生産・物流, セル生産 コメントはまだありません



[4日 ロイター] – 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ(TSLA.O)は4日、パナソニック(6752.T)と手掛けるネバダ州の工場「ギガファクトリー」でリチウムイオン電池セルの本格生産を開始したと発表した。

テスラとパナソニックは、テスラの蓄電製品や新型の「モデル3」セダンに使うバッテリーを共同開発している。

テスラは、ギガファクトリーで生産した電池セルを最初は「パワーウォール2」や「パワーパック2」といったテスラの蓄電製品で活用すると説明している。

テスラはギガファクトリーのフル稼働時には6500人の従業員雇用を見込み、そのほかに周辺地域で2万─3万人の関連雇用を生み出すとの見通しを示した。

ギガファクトリーという名称は、テスラがこの工場で2018年までに自動車電池生産能力を年間35ギガワット時へ拡大する目標を示している。

*カテゴリーを一部変更して再送します。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す