〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、週末のイベント控え手がけにくく – ロイター

Home » 04研究開発・生産・物流 » 〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、週末のイベント控え手がけにくく – ロイター
04研究開発・生産・物流, 規模の経済 コメントはまだありません



 [東京 6日 ロイター] - <10:15> 日経平均は下げ渋り、週末のイベント控え手がけにくく 日経平均は寄り付き後に一時下げを拡大し2万2467円18銭に下げたが切り返し
、足元では2万2500円付近で下げ渋っている。「今週は8日にイベントが集中するこ
ともあって手がけにくい」(国内証券)との声も聞かれる。 8日にはメジャーSQ(特別清算指数)算出や、米雇用統計の発表があるほか、米国
の連邦債務上限の一時的引き上げと暫定予算の期限を迎える。日本では2兆円規模の「経
済政策パッケージ」が閣議決定される見通し。 <9:08> 寄り付きの日経平均は続落、米株安の流れ引き継ぐ 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比97円00銭安の2万2525円
38銭となり、続落して始まった。前日の米株安の流れを引き継いでいるほか、ドル/円
が円高気味に推移していることも重しとなって、寄り付き後もじりじりと下げを拡げてい
る。業種別には、非鉄金属、鉱業、鉄鋼、海運が安い。一方、その他製品や空運、サービ
ス業、情報・通信は上げている。 <08:38> 寄り前の板状況、トヨタは買い優勢・ファーストリテは売り優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、外需関連株ではトヨタ自動車 やホ
ンダ が買い優勢。キヤノン 、ソニー 、パナソニック は
売り優勢。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック は売り優
勢。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ と三井住友フィナン
シャルグループ が売り優勢。みずほフィナンシャルグループ は売り買い
きっ抗となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225オプション 株式関連指標の索引ページ 関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力) ( 
私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

こんな記事もよく読まれています





コメントを残す